北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

グルメ一覧

室蘭民報

飲食店、能登半島地震の支援広がる 売り上げ寄付の動き【室蘭】

 最大震度7を記録した能登半島地震発生から11日が経過した。日に日に被害の深刻さが明らかになるにつれて、室蘭市内でも飲食店で売り上げを寄付する動きが出るなど、支援の輪が広がっている。 サンドママ...

十勝毎日新聞

冬のポップコーン店、今年も開業 農家の高野さん【芽室】

 芽室町内の農家高野竜二さんが店主を務める「THE POPCORN SHOP(ザ・ポップコーン・ショップ)」が、今シーズンも町美生3線に冬季限定オープンした。高野さんは「改良を重ねてさらにおいしく...

十勝毎日新聞

「唐揚げアイドル」企画商品 全国初店舗販売【上士幌】

 上士幌町内の無人コンビニ店「かみしほろマルシェスマートストア」(町東3線235)で、“唐揚げアイドル”として知られるタレントの有野いくさんがプロデュースする冷凍食品「揚乃屋(あげのや) あげ丸」が...

十勝毎日新聞

豚まん食べて ジャガイモ入れうま味 東洋食肉【帯広】

 東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)は、ニッポンハムグループの養豚食肉生産を手掛ける「十勝めぐみ牧場」(帯広市)の豚肉を使用した中華まんじゅう「帯広恵豚まん ポテトチーズ」の販売を始め...

十勝毎日新聞

雪で熟成、生豆おいしく 国内初の貯蔵実験 トカプコーヒー【中札内】

 中札内村の自家焙煎(ばいせん)コーヒー店「トカプコーヒー」(村大通南6、木村務代表)は、コーヒーの生豆(きまめ)を1度前後の雪蔵(雪室)で貯蔵する「雪蔵甘熟コーヒー」の製造を始めた。特殊な保管環...

室蘭民報

年越しの定番、製造真っ盛り 望月製麺所【登別】

 望月製麺所(登別市新栄町、望月一延代表取締役)では、年越しそばの製造がピークを迎えている。製麺機から流れてくる生そばを手際良く箱に並べて出荷する作業が朝早くから行われている。  年越しそばは...

十勝毎日新聞

焼き肉店とカレー店コラボ 6種の「にくとら」カレー販売【帯広】

 飲食事業などを展開するルーキーファーム(帯広市、加藤祐功社長)は、運営するカレーショップ「ジャングル1」と個室焼き肉店「焼肉の虎」とのコラボカレー6種を開発。21日からジャングル1WOW店(市...

室蘭民報

試行錯誤、自慢の逸品 「大粒くま納豆」全国優秀賞、道南平塚社長「結果出て..

 登別市幌別町の納豆製造業・道南平塚食品(平塚正雄代表取締役)の「北海道の大粒くま納豆」が、11月に長野県で開催された第27回全国納豆鑑評会で優秀賞となる「全国農業協同組合連合会経営管理委員会会...

室蘭民報

第一滝本館にオープン、「たけろくらーめん温泉店」 有名店の味、訪日客にも..

 第一滝本館(登別市登別温泉町、南智子代表取締役社長)内にむつみ屋の創業者・竹麓輔さんが監修したラーメン店「たけろくらーめん温泉店」が16日、オープンした。福澤香織店長は「登別温泉の大きな施設に...

室蘭民報

室蘭産推奨品、カタログで紹介 商議所の“お墨付き”35品【室蘭】

 室蘭商工会議所(中田孔幸会頭)は、商議所が認定した地元推奨品「いいもの。たくさん。室蘭産。」を紹介するカタログを製作した。全35品を豊富な写真で紹介しており、市内各所で配布している。  推奨...

十勝毎日新聞

中華「萬彩」市内に2号店 池田本店好評で【帯広】

 飲食事業や外国人材サポートなどを手掛けるリアニード大千(帯広、市川霏霏代表)は13日、市西2南19に中華料理の「萬彩 帯広店」をオープンした。池田町の本店に続き2店舗目。広々とした店内で「カジュ...

室蘭民報

人気シュトーレン、今年も限定販売 デイセンター「あすなろ」【洞爺湖】

「あるそ~れ」で350個  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、クリスマスを前にドイツ伝統の焼き菓子シュトーレンの製造がピークを迎えている。地元産の品質の良い「レッドルバーブ」をドライフルー...

室蘭民報

頑張るママに「冷凍ピザ」 洞爺湖温泉・ミトンピザ、CF第2弾に協力を【洞..

 洞爺湖町洞爺湖温泉に店舗を構える「ミトンピザ」では、「飛んでけ!冷凍ピザ」のクラウドファンディング(CF)第2弾を実施している。目標額は100万円。子育てママの一助に-を一つのテーマに始めた。...

十勝毎日新聞

河野園×岡女堂 老舗連携ギフト「茶豆撰」発売【帯広・本別】

 茶の河野園(帯広、柳澤秀一代表)は岡女堂本家(本別、鈴木真智雄代表社員)とコラボし、茶葉と甘納豆などを詰め合わせたギフト「とかち茶豆撰」の販売を始めた。歳暮時期に合わせ、十勝の老舗企業が連携。...

室蘭民報

さすが壮瞥高生 農産物販売会にぎわう【壮瞥】

 壮瞥高校(峯田雅大校長、48人)のリンゴ・鉢花販売会が2日、壮瞥町滝之町の同校で開かれ、朝から100人超が訪れ、生徒たちが丹精込めて育てた野菜や鉢花、加工品などを買い求めていた。  販売会は...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス