北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本味バラエティ部門)を獲得した。金賞は、十勝の店舗では唯一で、同店としては3年連続。豚丼風はゴールデンウイークから店頭販売する予定。

受賞の「とかち×ザンギ」豚丼風、GWから販売

初めて東京での表彰式に出席し、賞状を受け取った岸田代表(左)。右は店を二人三脚で切り盛りする三浦文弘店長

 同グランプリは、日本唐揚協会(東京)が毎年実施。今回は全国753店がエントリーし、ネット投票(昨年12月~今年1月)で選出された89店の唐揚げを3月に試食審査。今月10日に各賞が発表された。

 「とかち×ザンギ」は、2019年の開店当初から提供している、道産鶏モモ肉を使った唐揚げシリーズの総称。徐々に種類を増やし、現在は21種類。豚丼風は今大会のために開発した。店で使用する豚丼のたれをベースに、「隠し味を複数加え、後味よく仕上げた」と岸田代表。肉は臭みを取り除くため、畜大牛乳で下漬けしている。

 同店は第13回、第14回でも「とかち×ザンギ」の別の味で部門別金賞だった。今回は同店ほか、道内では札幌の3店と苫小牧の1店が部門別金賞を取った。同協会の八木宏一郎専務理事は「おいしさはもちろん、選ぶ楽しさを演出している点も素晴らしい。地方の個人店が3年連続で投票審査を突破するのは極めて珍しい」とした。岸田代表は「入賞を契機に認知度も高まり、釧路など道東一円から来店も増えた。来年こそは最高金賞を取りたい」と話している。

金賞の豚丼風(手前)とゴボウ味(奥)

関連記事

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

室蘭民報

親しまれる味、提供したい 「鶏ざんまい」みたら室蘭に移転【室蘭】

 室蘭市内で飲食店を運営するスクラッチオールサービス(後藤田勇人代表取締役)の「からあげ専門店 鶏ざんまい」が、室蘭市中島町から祝津町の道の駅カナスチールみたら室蘭内に移転した。月ごとにお薦めの...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

十勝毎日新聞

古田牧場が感謝の無添加アイス 全国販売目指しCFも【士幌】

 士幌町内の古田牧場(中音更西3線、古田全利代表)は、無添加のアイスクリーム「今日もまた牛を愛そう」(410円、90ミリリットル)を発売した。町のふるさと納税の返礼品に続く第2弾で、道の駅ピア21...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス