北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室病院の健診受診者数が回復 230企業にPR成果【芽室】

 公立芽室病院(研谷智院長)が健診に力を入れている。コロナ禍による病院離れや若者の健診離れで受診者は10年ほど減り続けていたが、2023年度には過去15年のピークに匹敵する件数まで押し上げた。同病院健診室は「これからは予防に力を入れる時代。健診で町民の健康維持につなげたい」としている。

さらなる受診者数増加を目指す公立芽室病院の健診室メンバー

 同病院の過去15年の健診受診数は08年度のピーク(1189件)から、医師の離職などもあり年々減少。コロナ禍で健診の実施自体が難しくなり、20年度は776件まで落ち込んだ。

 年を取っても元気で健康な体を維持することが、高齢化社会の中でますます重要になる。病気の早期発見、早期治療の入り口となる健診が「町民自身が健康な体を守る最大の武器」と考える同病院では、受診減に危機感を持っていた。

 また経営面からも受診回復が喫緊の課題だった。受診増に向けて総合診療科の医師を6人確保。16年度に週3回に減っていた健診日を、22年度から週4回に増やした。

 また23年度から受診対象者を広げようと、全国健康保険協会の生活習慣病予防健診を開始。さらに町内の約230企業に行った営業の成果もあり、23年度はピーク並みの1184件まで受診数が回復した。

 同病院健診室は「若者の受診数を増やすことが今後の課題」とする。23年度の受診者の53.8%を70歳以上が占め、若い世代の受診者は極めて少ない。

 健診室では「若者でもピロリ菌による胃がんに罹患(りかん)することもある」とし、全受診者に対して、胃カメラによる検査が行えることをアピールしている。

 同病院事務局は「町民の健康にもつながる健診は、病院としては新規患者につながる数少ない窓口」として経営の重要な部門に位置付けている。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス