北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文施設の入場者増加傾向 世界遺産登録後に【函館】

昨年7月にオープンした垣ノ島遺跡。来場者も増加傾向にある

 昨年7月の「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録後に、函館市内の構成資産の大船遺跡(大船町)と垣ノ島遺跡(臼尻町)、市縄文文化交流センター(同)の縄文関連3施設の入場者数が大幅増加している。今年度は各施設が4~6月だけで、すでに昨年度の来場者数の4割以上を超えた。夏は特に多くなる傾向にあり、市教委文化財課は「まだコロナの影響はあるが、見学方法の充実も図っている。さらなる来場者増に期待している」とする。

 垣ノ島が昨年7月末にオープンするまでは、縄文文化交流センターと大船遺跡の入場者数の合計は、2019年度が3万127人、新型コロナウイルスの影響が色濃かった20年度は2万8631人だった。

 21年度は世界遺産登録以降、3施設に増えたこともあって入場者数が急増。昨年7月~今年6月は縄文文化交流センターが前年同期比37%増の3万6489人、大船遺跡は同57%増の3万1421人。垣ノ島遺跡は4万1217人を記録。21年度の3施設合計は8万2391人だった。

 今年度は4~6月だけで3施設計3万6835人。集計はこれからになるが7~8月も来場者は前年同月を超える見込みだ。両遺跡ではガイドによる案内や疑似発掘体験などが人気。今夏からは垣ノ島でAR(拡張現実)、VR(仮想現実)を駆使した遺跡の情報を体験できるデジタルコンテンツの整備を進めている。

 同課は「観光客だけでなく、市民に何度も足を運んでもらえる施設にしたい。入場者の意見も参考に今後も魅力を磨き上げていきたい」と話した。

関連記事

函館新聞

恵山岬灯台核に東部地区活性化 第1弾はフォトコン【函館】

 函館の市民有志でつくる「恵山岬灯台活用協議会」(阪口あき子会長)は、市椴法華地区にある恵山岬灯台を核にした函館東部エリアの活性化事業に乗り出した。灯台を観光資源としての活用を促進し、次世代に承...

函館新聞

特急北斗の使用車両「キハ281系」定期運行終了【函館】

 函館―札幌間のJR特急「北斗」で使用されてきた車両「キハ281系」が9月30日、定期運行を終了した。函館駅のホームでは札幌行きの最終列車に合わせ、多くのファンが集まり、30年近く道南の鉄路を走り...

釧路新聞

ホッケ安全操業初出漁 国後周辺、7㌧水揚げ【羅臼】

 【羅臼】日ロ政府間の協定に基づき、北方領土国後島周辺で行われる安全操業のホッケ刺し網漁が9月30日、解禁から2週間遅れて初出漁し、許可船9隻が羅臼漁港に7㌧(前年同期18㌧)を水揚げした。8隻...

苫小牧民報

命の大切さ訴える 日本笑い学会講師の古屋さん 白老中で特別授業

白老中学校で28、29両日、日本笑い学会講師の古屋良一さん(64)=白老町在住=を迎えた特別授業が行われた。各学年の各クラスで計6時間にわたって講話し、生徒に人間関係や命の大切さなどを訴えた。 ...

苫小牧民報

リハビリ・ケア研究大会開幕 苫小牧市内3会場で講演や展示 

リハビリテーション分野で国内最大規模の学術集会「リハビリテーション・ケア合同研究大会」が30日、苫小牧市民会館で開幕した。道内では2012年の札幌に次いで2回目で、10月1日まで市内3会場で開催。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス