北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

鳥辰本店、移転開業 室蘭やきとり【室蘭】

鳥辰本店の移転オープン初日を迎え、室蘭やきとりを焼く堀江店長。札幌からも客が訪れるなど店内はにぎわった=中央町、7日夕

老朽化乗り越え老舗の味守る

 半世紀以上続く室蘭やきとりの「鳥辰本店」(堀江宏治取締役店長)が7日、室蘭市中央町3に移転オープンし、早速多くの常連客らでにぎわった。コロナ禍や旧店舗の老朽化を乗り越え、老舗の暖簾(のれん)を守り続ける。

 移転初日となったこの日、開店前から客の列ができた。設けた約50席は満席となり、看板メニューの豚精肉を炭火で焼く香ばしい匂いが店内に広がった。昔からのファンだという山手町の大原進也さん(44)、美樹さん(41)夫婦は「2人の思い出の味。うん、この味です」とジョッキを片手に舌鼓を打った。

 同店が移転を決めた一番の理由は、旧店舗の老朽化。1961年に営業を始めてから62年が経過。雨漏りや壁の剥離などが目立った。3代目となる堀江さん(49)は「お客には親子のほか家族3代など多くのファンがいる。60年続いた味を守らなければならない」と奮起。学生時代の先輩たちと新会社「辰樹商事」(宮古英樹代表取締役)を立ち上げ、再出発した。 

 客が減りシャッターを閉じた店も多い蘭西地区。それでも中央町にこだわったのは、長年このまちを愛し、愛されてきたからだ。「自分が焼き台の前に立ち始めた頃から、地元の人たちが見守り育ててくれた」と感謝。この地域から出ることは考えもしなかったという。

 メニューは、刺し身などコロナ禍で減らしていたが、約90品と復活。人気の豚精肉やシロのほか、新たに香ばしさが特徴の「ジャーマンポテトチーズ焼き」などを品書きに加えた。

 手際よく次々とやきとりを焼く3代目は、額に汗を浮かべながら「場所は移り店の雰囲気も変わったが、これからも変わらぬ味を提供していきたい」と、つぎ足してきた秘伝のタレに串をくぐらせた。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス