北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

薫製専門店が開業 無添加そろえ「高森商店」【帯広】

「無添加のベーコンなど、こだわりの薫製を多くの人に味わってほしい」と話す高森社長

 帯広市内でも珍しい薫製の専門店「高森商店」(東1南8、高森圭司社長)が2月にオープンした。高森社長は「子どもからお年寄りまで、幅広い世代に薫製の魅力を伝えたい」と話している。

 高森社長は1978年帯広市生まれ。帯広柏小、帯広第六中(現帯広翔陽中)、白樺学園高を卒業後、札幌の福祉の専門学校に進学。卒業後は福祉関係の職に就いたが、旅行中に小樽市のベーコン店「めるかーど」のベーコンを食べて「衝撃を受け」、同店に転職し修業を積んだ。

 2019年、「めるかーど」での修業の腕を買われ、帯広市内でレストランを運営する会社に入社。同年、同社が新緑通沿いに開設した薫製工房で販売を担当した。昨年12月、「自分の薫製の味をもっと世に広めたい」という思いから独立を決意。実家を改装して店舗と工房を開設した。

 同社の薫製は、着色料など添加物を使用していない品が多いことが特徴。小樽での修業中に「添加物が入っているんだね」と残念がられる経験をしたことから、無添加の薫製づくりを始めた。

 見た目は色鮮やかではないが、「肉本来の風合い」と胸を張る。また、食材をいぶすためのチップも自身で木を伐採して集める。サクラの木を中心にリンゴやスモモなどバラ科の木をブレンドすることで「香りがマイルドになる。くせが少なく多くの人に食べてもらいやすい」と話す。

 製作したベーコン(100グラム、756円から)やソーセージ(4本648円)などは店舗のほか、札幌の百貨店の催事でも販売する。京都府や新潟県など道外の百貨店の催事にも出店する予定。

 高森さんは「多くの人に味わってもらうため、卸にも力を入れたい」と意気込んでいる。

 営業時間は午前10時~午後6時。日曜定休。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス