北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

「勝負メニュー」を販売する帯南商高クッキング部の生徒ら

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやうめぇ蝦夷にぎ2」が販売された。生徒も売り場に立ちメニューをPRし、次々に売れていた。

 同校は今年、同甲子園地区予選では敗れたが、ネット投票による敗者復活戦1位で全国出場の切符を獲得した。今回の商品化は生徒応援が目的。

 「わやうめぇ-」はサケとば入り炊き込みご飯にナガイモと小豆のみそだれ、レバかつなどをはさんだ地場食材を使ったおにぎらず(握らないおにぎり)で、「一部食材は地場ではないが、ほぼ忠実に再現した」とする。

 この日、3店で計600個を1個322円で販売。このうち、いっきゅう店には、大会に出場する同校の松木天俊さん(18)と下地真央さん(17)、吉川綾乃さん(17)が松原明香教諭と駆けつけ、「売り子」を務めた。買い物客から「頑張って」「おいしそう」などと声を掛けられ、生徒も笑顔。午前10時の開店直後からまとめ買いする人も多く、予定分がすぐに完売、急きょ追加して対応した。松木さんは「地域の皆さんに支えられていると再認識した。全国に向けモチベーションが上がった」と話していた。

数量限定で商品化された「勝負メニュー」

関連記事

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

十勝毎日新聞

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

室蘭民報

いちご、豚肉「待ってました!」 まつり盛況2万人【豊浦】

 豊浦町特産のイチゴと豚肉をPRする第53回「とようらいちご豚肉まつり」が9日、町内浜町の天然豊浦温泉しおさい隣にある豊浦海浜公園で開かれた。町内外から昨年より2千人ほど多い約2万人(主催者発表...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス