北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達網代道場剣士、躍動の夏 少年大会3チーム全国へ【伊達】

中体連、個人・団体全道切符

全道、全国大会へ意気込む網代剣士たち

 伊達市の剣道場・伊達網代道場(坂本敬一館長)の剣士がこの夏躍動している。全国大会につながる「第48回北海道道場少年剣道大会」で、小中学生団体計3チームが大舞台の切符を手にした。胆振中体連は「伊達スポーツクラブ藍」として優勝。剣士は、今月下旬と来月上旬に控える全国、全道大会へ向け燃えている。

 北海道道場少年剣道大会は6月16日に旭川市で開催。3人制の団体戦で、小中学生それぞれ2チームが臨み、トーナメント戦を展開。小学生は87チーム(全国出場枠28チーム)、中学生には85チーム(同23チーム)が出場した。

 小学生は松野陸叶さん(伊達小6年)、竹内漣さん(同6年)、奥村晄人さん(伊達・東小5年)のチームが、大将戦までもつれる接戦を勝ち上がった。決勝は惜しくも三石のチームに0-1で敗れた。伊達網代としてこの大会の準優勝は4年連続。悔しい結果となった。

 小学生のもう1チームの数又壮祐さん(伊達西小6年)、藤田一花さん(伊達・東小6年)、網野龍生さん(豊浦小6年)のチームはベスト8。中学生は高橋凛久さん(伊達中3年)、奥村憲人さん(同2年)、竹内涼さん(同3年)が敗者復活戦から勝ち上がり全国出場を決めた。

 全国大会は7月30、31日に東京の日本武道館で行われる。小学生キャプテンの竹内漣さんは「まだ日本武道館で勝ててないので勝ちたい。日本一になりたい」、副キャプテンの藤田さんは「みんなで盛り上げていい試合をしたい。楽しみです」と張り切っている。

 また、中学生はこの3人に木村亮太さん(同2年)と中里悠希さん(同1年)が加わり、苫小牧市で6月29日に開催した胆振中体連大会の団体戦(5人制)で圧勝。個人戦も高橋さんが優勝、竹内さんが3位、中里さんが4位で全道切符を獲得した。中体連の全道は8月4日に江別市で行われる。

大けが乗り越え栄冠 中3の竹内涼さん「本当にうれしい」

中学男子個人で全道優勝した竹内さん

 伊達網代道場の竹内涼さん(伊達中3年)が、第48回北海道道場少年剣道大会の中学生男子個人戦を制した。大けがを乗り越えつかんだ栄冠。「狙っていたので本当にうれしかった」とはにかんだ。10月に神奈川県で行われる全国大会に出場する。

 年長から競技を始め、小学4年でレギュラーを勝ち取り全道、全国で活躍。小学6年生時もこの大会の個人で全道制覇。同世代のトップを走ってきた。しかし中学に入学してからは「満足する結果は残せていなかった」

 さらに昨年秋、腰の骨を疲労骨折し、3カ月ほど稽古ができなかった。竹刀を握れないつらい日々も「しっかり治し稽古すれば結果は付いてくる」。そう自分に言い聞かせた。

 個人戦は各チームの代表86人がトーナメント戦を展開。全国出場の2枠を目指した。仲間の思いも背負い臨んだ竹内さん。「とても集中できていた。『粘り強く戦おう』と決めていた」と順当に勝ち進んだ。ただ、全国大会出場を懸けた準決勝前はさすがに緊張した。

 そんな時、唯一の同級生でライバルでもある高橋凛久さんからの何気ない言葉。「気持ちが軽くなった」。大一番は延長2回に及ぶ接戦。息詰まる攻防。一瞬の隙だった。つばぜり合いからタイミングを外しての引き面が決まり勝負あり。決勝は、相手がメンに出るところをコテを抑えた。「小学校の時よりも何倍もうれしかった」

 神奈川である全国大会前には中体連全道大会が控える。「何としても団体、個人で勝ちたい。仲間と一緒に全中に行きたいです」。ともに汗を流し続けてきた仲間たちと中学最後の夏に挑む。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス