北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に大躍進

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49位となり、前年の102位から大幅アップ。新千歳を管理・運営する北海道エアポート(HAP)は「受賞に満足することなく、今後も改善、発展を続ける」と意気込んでいる。

復便が進む新千歳空港の国際線

 同社は1999年からグローバルな空港顧客満足度を調査しており、「ワールド・エアポート・アワード」は25周年。今回は昨年8月から今年3月にかけて、世界約570空港についてアンケート調査した。空港内の施設や案内表示、清潔さなど多岐にわたる質問を、100以上の国や地域の利用客に回答してもらい、部門ごとに順位を付けた。

 新千歳は、過去1年間の改善について評価する「世界で最も改善された空港」部門で世界1位に輝いた。HAPは「何か特定の項目で改善が評価されたというより、空港運営の効率性や案内表示の分かりやすさ、飲食店や土産店の豊富さに加え、空港すべてのスタッフがお客さまに提供するサポート、サービスについても高く評価されたと考えている」と受け止める。

 また、新千歳は、高齢者や障害者らの移動サポートに優れた旅客ターミナルを対象にした「世界最高のPRMとアクセシブルな施設」部門でも6位に入るなどし、世界空港ランキングで49位に大躍進。世界ランクトップ3は、1位がカタール・ドーハのハマド空港、2位がシンガポールのチャンギ空港、3位が韓国の仁川空港だった。

 HAPは「国内線、国際線の復便が進み、空港を利用するお客さまが増えたことで、新千歳を『ベストエアポート』として選んでくださる方も増えた。空港施設、サービス全体を総合的に高く評価いただいた」と喜び、今後に向けて「空港を利用されるお客さまのニーズに合ったサービスを提供し、楽しく快適な空港づくりを進めることで、空港から北海道を元気にしていく」としている。

関連記事

釧路新聞

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス