北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動かすのは最高」と話し、いきがいのダンスを日々楽しんでいる。

パートナーを組む斉藤さんの手を取り、ポーズを決める坂東さん

 坂東さんは1925年清水町生まれ。清水尋常小学校、同校高等科を経て、14歳で帯広の北部第73部隊に入隊した。日本が太平洋戦争へと突き進む時代。17歳でパイロットに憧れを抱き、東京の陸軍少年飛行兵学校に入学した。

 2年間の厳しい訓練を耐え抜いたが、視力が悪く飛行機整備への配属となり全国を渡り歩いた。戦争末期の45年5月、特攻隊として飛び立った約100人の同期が命を落とした。「爆弾を抱えて死んでいった同僚には申し訳ないと思う」と振り返る。丈夫な体を得たが、多くの仲間を失った。

 ダンスとの出合いは、戦後帰郷し就職した清水町の製糖工場にできたダンスクラブ。「思考力、体力の維持に良さそうだと思い始めた」。しかし2年で林野庁に転職し、十勝管内の営林署などでの勤務となり、ダンスとは疎遠となった。

 定年退職後、暇を持て余していた時に昔好きだったダンスを思い出し、道内各地で開かれていた講習会に参加。65歳で日本ダンススポーツ連盟の公認指導員の資格を取得した。

 その後「音更ダンス愛好会」を設立し、約20年間にわたり普及と指導に尽力。その間、がんを患ったが、「ダンスを普及させたい」という強い思いで乗り越えた。

 現在は、帯広市内のサークル「プラザダンス」でワルツやタンゴなどを楽しむ。パートナーを組む斉藤容子さんは「リードがいいから任せておけば自然に踊れる」と笑顔だ。

 「こんないい世の中が来るとは思えなかった」。坂東さんは軍隊で過ごした少年時代を思い返し、そう実感を込めた。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス