北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

保存処理のため奈良へ 国立アイヌ民族博物館 苫小牧で発見の丸木舟2隻 本格的調査度 白老

苫小牧市弁天の海岸で2021年に見つかり、白老町の国立アイヌ民族博物館で脱塩、乾燥が進められていたアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻の処理が終了し、文化財の保存修復を手掛ける奈良県の専門機関に向けて10日、トラックで出発した。関係者は「本格的な調査のため、まずは必要な処理を終えて戻ることを願う」と話す。

梱包される直前の丸木舟

 丸木舟は21年1月27日、流木を拾いに来た苫小牧市民が発見。連絡を受けた同市美術博物館の職員が確認し、1・3キロ東で2隻目も発見した。一隻は全長610センチ、幅64センチ、高さ22センチ。船べりの一部が損壊している以外は完全な状態。2隻目は全長413センチ、幅45センチ、高さ10センチ。破損が進み、右舷側と船首が欠けていた。

 国立アイヌ民族博物館に搬入されたのは同年10月。同民族博物館と苫小牧市教育委員会が9月にアイヌ資料の共同研究に関する覚書を締結してからのことで、2年半かけて巨大な水槽で海風にさらされていた舟体から塩分を抜き、木を傷めないための乾燥処理を行った。

 保存処理は、奈良県南肘塚町の公益財団法人元興寺文化財研究所が手掛け、アクリル製樹脂を染み込ませるなどのコーティングを施す。今後の年代測定や樹木の同定などの調査に耐え得る強度を高めるためで、同民族博物館の大江克己研究員は「(保存処理には)少なくとも2年はかかる」とみる。

 搬出では、美術品を専門に運搬する業者の従業員約10人が、舟を1隻ずつ保護紙やウレタンなどで梱包(こんぽう)してから木枠で保護し、トラックで出発した。函館港から青函フェリーで青森港まで運ぶ以外は、陸路で輸送される。市美術博物館で考古学を担当する岩波連学芸員は「ほぼ完全な形で残る2隻からは今後アイヌ民族の暮らしの実態究明につながるヒントが得られるかも知れない」と保存処理を終える日を心待ちにしていた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス