北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「ブリトー」大人気 工学院生が初のチャレンジショップ、登別閻魔やきそばの会と共同開発【登別】

「えんまのしゃく」のチャレンジショップ

 日本工学院北海道専門学校(登別市札内町)情報処理科情報ビジネス専攻の学生4人は26日、同校で1日限定のチャレンジショップを開店し、登別閻魔(えんま)やきそばの会と共同開発した閻魔やきそば味のブリトー「えんまのしゃく」を販売した。学生による学内での飲食販売は同校初の取り組み。販売コーナーは多くの学生でにぎわった。

 学生たちは卒業研究のテーマに「地域を活性化させ、当校の認知度を高める」を掲げ、ご当地グルメの閻魔やきそばのアレンジレシピについて、学生向けにアンケートを実施。小麦粉の生地にくるむブリトーの人気が高かったことから、昨年10月から本格的な商品開発を行ってきた。

 登別閻魔焼きそばの会の名畑泰昌会長と相談しながら、閻魔やきそばの具材に玉子焼き、かつお節、特製ラー油と、歯応えが出るように登別閻魔やきそばせんべいを加えた。最終的に商品として完成したのは1月に入ってからだった。

 チャレンジショップの開店に向けては、前日から準備を始め、当日は名畑会長が調理した閻魔やきそばをブリトーでくるむ作業を行った。1個400円(税込み)、60食限定で午後1時半から販売を開始すると、休み時間になった学生が続々と訪れて舌鼓を打った。

 商品開発を行った学生リーダーの甚野元泰さん(19)は「感慨深いし、おいしいと言ってもらえて良かった。メニューをどこかの飲食店に引き継いでもらって、いずれは登別を代表する食べ物になってもらえたら」と希望していた。

 えんまのしゃくは27日に中央町のらいば公園で開かれた「チャリティーキラほろ冬まつり」でも販売され、来場者の人気を集めた。

錫杖のように手に持って閻魔やきそばを食べられる「えんまのしゃく」

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス