北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中華「萬彩」市内に2号店 池田本店好評で【帯広】

 飲食事業や外国人材サポートなどを手掛けるリアニード大千(帯広、市川霏霏代表)は13日、市西2南19に中華料理の「萬彩 帯広店」をオープンした。池田町の本店に続き2店舗目。広々とした店内で「カジュアルなのに本格的」な中華を提供し、ファミリー層や個人客など幅広い世代に親しまれる店を目指す。

帯広店を開店した市川代表(左)と王専務

 同社は中国出身の市川代表が2017年に立ち上げ、コロナ下の21年2月に本店をオープン。メニューの豊富さと中国人シェフによる本格的な味が評判を呼び、事業開始以来、経営も右肩上がりだったという。遠方から来訪するリピーターも一定数おり、「通いやすい帯広に店を出してほしい」という声が多数寄せられていたことから、開店を決めた。

 新店はイオン帯広店の北東に位置し、元中華料理店「餃子坊」跡地。建物と土地を購入し、内外装を全面改修した。3階建ての1階部分が店舗で、面積は約281平方メートル。2、3階は事務所。

 本店で人気だったあんかけ焼きそばやエビチリなどの定番中華の他、帯広店限定の金糸エビマヨ(1180円)、黒酢鶏炒め(1080円)など80種類以上のメニューを提供する。

 1人用カウンターやボックス、テーブルなど合わせて80席あり、大人数の受け入れが可能な宴会場も用意。店内はさまざまな年齢層が楽しめるよう、カジュアルで開放感のある設計にした。店外には中国から取り寄せた、等身大のパンダの置物が置かれている。専務の王子墨さん(33)は「リーズナブルな値段でぜいたくな料理を提供。味には自信があるので、たくさんの人に食べに来てほしい」と話している。

 営業時間は、昼の部が午前11時~午後3時、夜の部が午後5時~同11時(30分前ラストオーダー)。年末年始以外は毎日営業。問い合わせは同店(0155・66・8687)へ。

関連記事

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

釧路新聞

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス