北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

吉田さん・萱森さん 書道で総文祭切符 ともに道高文連賞【十勝】

 第57回全道高等学校書道展・研究大会(道高文連主催、10月11~13日・苫小牧市)で、芽室高校2年の吉田彩乃さんと音更高校2年の萱森駿さんの作品が道高文連賞を受け、来年の全国高校総合文化祭(総文祭)岐阜大会(7月31日~8月5日)の出場権を手にした。2人は受賞を喜びながら、早くも総文祭への意欲を見せている。

紙はみ出す迫力

吉田さんと受賞作品

 芽室高書道部の吉田さん(16)は、同展のために5カ月かけて書き上げた、古代中国・唐の政治家、顔真卿(がんしんけい)の「建中告身帖」の臨書を出品。「ぱっと目を引く、伸びやかな書を意識した」(吉田さん)といい、狙い通り、書道紙をはみ出すほどの迫力ある字形や構成は高く評価された。

 高校から書道を始めたという吉田さん。今回の入賞は部活の先輩や仲間たちの指導や支えのおかげといい、「感謝でいっぱい」と笑顔で語った。

 来年度の総文祭に向けては「誰かの心を動かすような伸びやかで力強い作品を目指したい」と意気込み、締め切りの来年3月に向けて、再び練習に励んでいくという。

潤渇の変化意識

萱森さんと受賞作品

 音更高書道部の萱森さん(17)は「今になって受賞した実感がじわじわと湧いている」と受賞を喜ぶ。

 吉田さんと同じく書家の顔真卿の作品を出典とし、「祭姪文稿(さいてつぶんこう)の一節「方期戩穀何図逆賊間亹称」の11文字を半切サイズに書いた。

 小学1年生で習字を習い始め、高校に入学して書道部の門をたたき、現在は同部の副部長を務める。顧問の田原志津子教諭(61)のアドバイスをもらって全道高校書道展への出品作品を選んだ。「ゆったりと粘り強い線と潤渇の変化を意識し、文字の大小や配置にも工夫した」と相好を崩す。

 「書道は人生の一部」というほど書道が大好きで、田原教諭は「とにかく練習熱心」と評する。総文祭に向けて改めて作品を書くが、「自分が満足できる作品を出品したい」と意気込んでいる。

 2人の受賞作は、11日から音更町図書館で開催される高文連十勝支部書道専門部が主催する秀作展で展示される。16日まで。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス