北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

スタンプラリー挑戦を、そうべつりんごまつり 20日から、初の試み【壮瞥】

そうべつりんごまつりのPRポスター。町は多くの来場を呼びかけている

 壮瞥町を代表する秋のイベントで今回で47回を迎える「そうべつりんごまつり」。今年初の試みとなるスタンプラリー形式の「そうべつりんごめぐり」として、20日~11月19日まで開催する。期間中、参加する12の果樹園と農産物直売所サムズ(滝之町)でリンゴを購入しスタンプを押してもらい、その数に応じて抽選を行い商品が当たる内容だ。人気キャラクターが壮瞥町りんご大使に就任するなど、既に盛り上がりを見せている。

 まつりは1976年から開催。コロナ禍でもインターネットによるイーコマース(電子取引)形式で実施してきた。しかし来場者の減少や開催場所の確保などの課題があった。とうや湖農協が事務局となる実行委員会は、時代のニーズに対応したまつりの在り方を昨年から検討していた。

 壮瞥リンゴのおいしさや品種などをリンゴ一つ一つをより多くの人に詳しく知ってほしい-と同めぐりを企画。参加方法は果樹園などで500円以上のリンゴを購入。参加店にあるラリー台紙に買った品種名の欄にスタンプを押してもらう。

 りんご大使に就任するのは、バンダイナムコエンターテインメントの運営する人気コンテンツ「アイドルマスターミリオンライブ!」のキャラクター・木下ひなたさん。交流サイト(SNS)上ではファンから「壮瞥町に行くきっかけができた」「たくさんのリンゴを消費しますね」-などのコメントが寄せられているという。

 豪華商品も用意。スタンプ8個で鶴雅リゾート「光の謌」ペア宿泊券、7個で洞爺サンパレスリゾート&スパのペア宿泊券が当たる抽選に応募できる。応募は11月24日までに「地域のあそびば ミナミナ」(滝之町)に台紙を持参すること。

 町産業振興課は「この機会に壮瞥のリンゴをたくさん食べ、楽しんでほしいです」とPRしている。20日には「ミナミナ」前でオープニングセレモニーを開催する。問い合わせは同課、電話0142・66局2124番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス