北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「伊達愛」が隠し味 高等養護学校、藍まんじゅう商品化【伊達】

久保社長(右)に藍の粉末を手渡す生徒

菓子処久保、6日から販売

 伊達の名産、藍を活用して地域との交流を深める伊達高等養護学校(吉野隆宏校長)は、地元和菓子店、菓子処久保(末永町)とコラボし「藍まんじゅう」を商品化した。地元石材店の浪越石材(弄月町)の協力で開発した藍の粉末を生地に練りこんだ逸品。あす6日から数量限定販売する。関係者は「伊達を代表するお菓子になってほしい」と期待を込める。

6日から菓子処久保で限定販売される「藍まんじゅう」

 同校で取り組み3年目を迎えた「藍でつながる伊達愛プロジェクト」の一環。今回は「食を通した連携」を模索。同プロジェクト担当の教諭が浪越石材に粉末づくりを相談。その結果、乾燥した藍を石臼でひくと香りが際立つことに気付いた。藍の粉末を混ぜたまんじゅうは菓子処久保に依頼し、白い生地に青みがかった粉が混ざる新製品を作り上げた。

 8月に試験販売を行ったところ、5日間で約100個が完売。大きな手応えを得て、同月下旬から生徒が交代で石臼をひき、必要量の粉を仕上げた。

 生徒らは一足早く「藍まんじゅう」を試食。黒田嵩大さん(1年)は「風味を感じられ、おいしかった」、石澤柊さん(2年)は「あんとの相性が抜群ですね」と笑顔を見せた。

 新製品は1個120円(税込み)。6日午前9時から、菓子処久保で藍の粉がなくなるまでの間製造・販売する。同校は「時間をかけて研究し完成したもので、品質には自信がある。ぜひ食べてみて」と呼びかける。

 事前予約も受け付ける。問い合わせは同店、電話0142・23局3672番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス