北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

インデアン初の冷凍ルー 長崎屋店で7日から販売【帯広】

 カレーショップ・インデアンを運営する藤森商会(帯広市、藤森康容社長)は、新たにインデアンルーの冷凍パックを商品化した。湯煎か電子レンジ加熱で手軽に人気店のルーが味わえる。7日から長崎屋店(旧長崎屋帯広店内)限定で試験販売する。

「手軽にインデアンカレーを味わって」とPRする藤森社長(右)ら

 牛肉や数十種類のスパイスを熟成させた定番の「インデアンルー」のレシピを、再加熱を前提に専用に調整し、急速冷凍させた。秘伝のスパイス調合を担当する司令塔、藤森社長は「食材の細胞を損なわず、味の変化がほとんどないよう、店の味を再現させた」と説明する。

 同社には以前から「土産で買いたい」「ストックしたい」など保存商品を要望する声があった。約30年前と22年ほど前に、レトルトや冷凍で商品化に挑戦したが、「思ったように再現できず、断念した」(藤森社長)経緯がある。

 今回は国のコロナ支援の事業再構築補助金を活用し、急速冷凍機や包装機器などを導入、工場改装も進めた。パッケージには店のキャラクターなどを配した。1パック(200グラム入り)500円。

 藤森社長は「断然、湯煎がお薦め。状況を見て取扱店舗の拡大などを進める」と説明する。

 長崎屋帯広店は直営部門が抜け、キーテナントのフクハラも9月末で営業を終了、施設自体、来年3月末に閉館予定。藤森社長は「以前より人の往来が減少し、他店よりも新たなことに挑戦できる。近くデリバリーの実施も検討。先週から新たに始めた公式インスタグラムに情報を発信していくので見てほしい」としている。

 営業時間は午前10時~午後7時半、火曜定休。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス