北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「無添加スイーツ」サツマイモ 市内の専門店「十芋」【帯広】

 「食欲の秋」が到来-。秋はさまざまな食材が旬を迎え、色鮮やかな紫色のサツマイモの新芋はホクホク食感が楽しめる。毎日食べるというほど“サツマイモ愛”にあふれ、昨年7月、帯広市西21南3に「さつまいも菓子専門店 十芋(といも)」をオープンした奧野八重店長(40)に魅力を聞いた。

(手前から)スイートポテト(440円)、芋密プリン(400円)、十芋けんぴ(420円)

 芋けんぴ、スイートポテト、チーズケーキなどサツマイモを使った菓子がずらりと並ぶ店内のショーケースを背に、奧野店長は「サツマイモは無添加のスイーツです」と笑顔を見せる。

新芋、しっとり甘く

 小さい頃から常に家にあった芋けんぴを食べていたという。サツマイモ好きの仲間5人で「お菓子を作ってみよう」という話になり、オープンを決めた。

 新芋は甘さが控えめで、熟成させるとしっとり、甘くなるため、「実は一番おいしいのは冬」と奥野店長。家で簡単に作れるおすすめレシピは焼きいもで、何にも包まず、魚焼きグリルやオーブンで1時間~1時間半かけて、低温でじっくり焼くのがポイントだ。

 豚汁や炊き込みご飯など料理との相性も抜群で、「紫色の皮に美容効果のある栄養素が豊富に含まれるので皮ごと食べて」と話す。

 同店では現在10商品を製造し、使用するのは「紅はるか」「紅あずま」「鳴門金時」の3品種。紅はるかは、しっとり、ねっとり、密たっぷりなのが特長で、同店では「芋密プリン」などに使用し、甘くてなめらかな仕上がりに。ホクホク食感が特長の紅あずまと混ぜ合わせてスイートポテトに加工。鳴門金時は「十芋けんぴ」にし、揚げてサクッとした食感が楽しめる。

「自分の好きなサツマイモをいろいろな人と共有できたらうれしい」と話す奧野店長

十勝産素材が仕事

 主に茨城県産を使用し、そのおいしさを引き立たせるのが十勝産のてんさい糖や牛乳、バターなどの素材だ。オープンから約1年半がたち、SNSなどで知って、道内各地や本州から買いに来る人や外国人客もいる。奥野店長は「『サツマイモって、こんないろいろ作れるんだ』とびっくりする反応がうれしい。今後も新商品を考案したい」と話す。

 営業は午前11時~午後6時。水曜定休。電話は0155・67・6417。

関連記事

十勝毎日新聞

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる【広尾】

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

室蘭民報

絶品ビーフシチュー、創業からのレシピで 登別グランドホテル、カフェ「ユー..

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町、中牧昇一代表取締役社長)でカフェ「ユーカラ」が8日にオープンした。同店独自のブレンドコーヒーのほか、ホテル特製のビーフシチューやだし巻き卵を使用したメニュ...

室蘭民報

酔ってけ寄ってけ、浜町大入り ビール最高、夏日満喫【室蘭】

 室蘭中央飲食店組合(波多野光則組合長)主催の「酔ってけ浜町チャリティービアフェスタ」が11日から、室蘭市中央町アーケードで始まり、来場者たちがビールを片手に暑さをしのぎ、まちを活気づけた。 ...

室蘭民報

毛ガニ漁解禁、胆振太平洋海域 初日水揚げ1.5倍、登別漁港【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市-むかわ町)の毛ガニかご漁が10日解禁され、11日朝に登別漁港(登別市登別港町)で前年初日約3千キロから1・5倍となる約4600キロが水揚げされ、好調なスタートを切った。...

十勝毎日新聞

福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減【帯広】

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス