北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

インド人の子どもたちと交流 浦河町立東部保育所 外国人家庭の受け入れを実施【浦河】

歌遊びで交流する東部保育所園児とインド人の子どもたち

 浦河町は、町立保育所の空き定員を活用した外国人家庭の受け入れを今年度から実施している。杵臼の町立東部保育所では6月から実証を開始し、6月15日は外国人家庭3世帯7人、8月3日は5世帯14人、同17日は4世帯11人、9月5日は2世帯6人の受け入れを行い、延べ38人が利用している。利用するインド人の親子たちは回数を重ねるごとに笑顔が増えている。

 受け入れは、移動手段がなく地域との関りが少ない外国人の子育て家庭を対象に、現在試験運行中の町乗り合いバス(デマンドバス)を活用して町立保育所が実施する保育所開放事業「あそびの森」を利用を促進し、外国人の子育て家庭の孤立化を防ぐ目的に実施。

 「あそびの森」は、町内在住の就学前で幼稚園や保育園に在籍していない子どもとその保護者を対象とした保育所開放事業。今年6月からは東部地区に多く在住する外国人家庭を対象に実証を開始。日本の手遊び歌を歌ったり、園庭遊具やホールなどで園児や職員と一緒に遊びを楽しんでいる。毎月第1・第3木曜日の日程(希望に応じて随時も可能)で実施。

 7日に行われた受け入れでは、インド人の5世帯12人(保護者5人、0~4歳の子ども7人)と東部保育所から12人の園児、4日からふるさとワーキングホリデーを利用し、ヒンディーサポート(インド人の生活支援)として従事しながら町に滞在しているヒンディー語が堪能な埼玉県の堀越優美(ゆうみ)さん(28)と大阪府の大学生・八尾葵さん(20)、町地域おこし協力隊の稲岡千春さんも通訳として参加した。

 最初に園児たちと一緒に歌遊びをしたあと、町地域おこし協力隊の高畠敦子隊員を講師に英語の音楽を聞きながらみんなでダンスを踊った。縁日ごっこでは金魚すくいやくじ引き、ヨーヨー、輪投げなど日本の縁日に挑戦し、インド人の子どもたちは何度もチャレンジしながら楽しんでいた。0歳の娘の参加したプシュパ・カンワールさん(26)は「すごく楽しかった。日本語が全く話せないのでヒンディー語を話せる人がいるのはうれしい。また利用したい」と喜んだ。

 町によると、現在6歳未満の外国人の子どもは20人。このうち17人がインド人で4人が就園しているという。担当する町子育て医療課の田村宜秀係長(41)は「今回で5回目の開催。日を重ねるごとに親子ともに笑顔が見られるようになった。今は毎月2回の開催だが、回数を増やすなど検討し、保護者の交流の場としても、多くの人と関わりながら就園につなげていきたい。外国人も日本人と同じようにサポートしていけたら」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

「あびらの教育と暮らし、まるわかり」 ベスト育児制度賞受賞  安平

一般社団法人日本子育て制度機構(大阪市)が地域の優れた制度や取り組みをたたえる2022年度「ベスト育児制度賞」に、安平町の移住プロモーションサイト「あびらの教育と暮らし、まるわかり」が選ばれた。全...

苫小牧民報

「脳トレ」で運転能力向上を ゲーム感覚で楽しく 大北運輸

苫小牧埠頭グループの大北運輸(苫小牧市晴海町、藤永浩介社長)が、スマートフォンのアプリを活用し、安全運転能力の向上を図っている。8月中旬からゲーム感覚で楽しめるアプリ「BTOC(ビートック)」を取...

十勝毎日新聞

ケーキ切れ端 鶏の餌に 原料卵の仕入れ先に還元【清水】

 スイーツ製造・販売の十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)と、同工房に鶏卵を納めている清水町内の十勝エッグフォレスト(牟田健代表)は、ケーキなどのスポンジ端材を鶏の餌として与え、卵をスポンジの材料...

十勝毎日新聞

「散歩道」定着を 地域おこし協力隊の磯野さん 年内に5キロコース策定【広..

 広尾町の地域おこし協力隊の磯野巧さん(36)は、町内の田園風景や森林公園などを巡るフットパスのコースの策定に取り組んでいる。ルート上のポイントにQRコードを配置、スマホで読み取るとその場所の観光...

室蘭民報

ウポポイから初返還、恵庭アイヌ協会に 慰霊施設集約の9遺骨【白老】

 国は2日、白老町のウポポイ(民族共生象徴空間)内の慰霊施設で保管しているアイヌ民族の遺骨のうち、恵庭市内の遺跡などで発掘された9体を恵庭アイヌ協会(藤原顕達会長)に返還した。ウポポイの慰霊施設...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス