北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

黄金の稲穂、収穫始まる 財田地区【洞爺湖】

高温続き、例年より1週間以上早く

コンバインで黄金色の稲穂を刈り取る佐々木さん

 例年になく暑い日が続いた今季、胆振西部では一足早い稲刈りが行われている。刈り取りの適期が早まり、農家らは作業に追われる。米どころ、洞爺湖町財田地区では8月下旬から黄金色の田んぼにコンバインが入った。地元農協などによると、収穫作業は例年より1週間から10日ほど早いという。

 同地区の宮内農園(佐々木哲三さん経営)は、12ヘクタールに「ゆめぴりか」「ななつぼし」「おぼろづき」を作付け。「これまでで最も早い」(佐々木さん)という8月26日から刈り取りを始めた。青空が広がった4日は赤トンボが飛び交う中、佐々木さんが運転するコンバインが次々と大きな稲穂の付いた稲を収穫していた。

 毎日の平均気温を加算する「積算温度」から刈り取り適期を見極めるという。佐々木さんは「だんだん収穫の時季が早くなっている」と近年の傾向を話す。暑さの影響を心配したが「出来は上々。いい味になっている」。財田米の魅力を伝えるため生産者らがアピールに力を入れていることに触れ「豊潤で甘みのある米をたくさんの人に食べてほしいですね」と汗を拭った。

 伊達市も長和地区など田んぼが黄金色となっている。伊達市農協などによると、生育は大幅に進んでおり、すでに収穫している農家もあるという。収穫のピークは今月中旬ごろとみている。

関連記事

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

室蘭民報

親しまれる味、提供したい 「鶏ざんまい」みたら室蘭に移転【室蘭】

 室蘭市内で飲食店を運営するスクラッチオールサービス(後藤田勇人代表取締役)の「からあげ専門店 鶏ざんまい」が、室蘭市中島町から祝津町の道の駅カナスチールみたら室蘭内に移転した。月ごとにお薦めの...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

十勝毎日新聞

古田牧場が感謝の無添加アイス 全国販売目指しCFも【士幌】

 士幌町内の古田牧場(中音更西3線、古田全利代表)は、無添加のアイスクリーム「今日もまた牛を愛そう」(410円、90ミリリットル)を発売した。町のふるさと納税の返礼品に続く第2弾で、道の駅ピア21...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス