北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

満寿屋と畜大コラボパン 「麦感祭」で販売、店頭へも【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、帯広畜産大生サークル「あぐりとかち」(北明紗美代表、27人)と共同で、新たなパン4品を開発した。19日開催の小麦イベント「麦感祭」会場(音更町西中音更北14線15)で特別販売した後、麦音など同社の複数店舗で期間限定で売り出す計画。

チーズクリームのパンとビーツ入りパン(手前左から)をPRする杉山社長(右)とあぐりとかちのメンバー(右2人目から北代表、中谷涼華さん、似鳥かおりさん)

 ビーツパウダーを練り込んだ「あぐりのはさめるビーツパン」と「野菜ごろごろ・あぐりのビーツフォカッチャ」。チーズクリームパン「あぐりとかち冷やしクリームパン始めました」、金時豆が入った「あぐりの和マフィン」。

 ビーツ2品とチーズクリームパンは小麦「きたのかおり」をベースに高加水でしっとり仕上げた。また、野菜ごろごろ-は、ジャガイモ「インカのひとみ」やチーズなどを、生地に対し8割とたっぷり加えたことなども特徴。マフィンは、帯畜大内の酒蔵「碧雲蔵」の酒かすを加えることで、「臭みは感じない商品に仕上げた」(同社)とする。

 4年ぶりの麦感祭を盛り上げようと初企画。あぐり-が考案した20以上のアイデアから両者で協議し、今春から試作を進めてきた。麦感祭では、会場周辺の農家で新小麦をひいて使用し、数量限定・特別価格の全品1個(1袋)300円で販売する。また、原料産地や商品規格、価格などを多少変更し、26日から10月中旬まで麦音や音更店などで販売予定。

 北代表(20)=食品科学ユニット3年=は「完成度の高い仕上がり。味も見た目も大満足」と笑顔。杉山社長は「取れたて小麦を使った貴重なパンを味わってほしい」と話している。

関連記事

室蘭民報

「究極のマルゲリータ」「手作りバウムクーヘン」販売開始 のぼりべつブラン..

 登別中央ショッピングセンターアーニス(中央町)の「のぼりべつブランドショップ」は2月28日、先ごろ新たに市推奨品に認定された「究極のマルゲリータ」(ASTRA合同会社)と「手作りバウムクーヘン...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス