北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の味 セブンにずらり 管内限定のフェア【十勝】

 コンビニエンスストアのセブン-イレブン・ジャパン(東京)は10日から、十勝管内75店舗で「なまラブ十勝フェア」を開催している。「生産者も消費者も笑顔になる地産地消商品」を展開し、地域活性化への貢献を目指す取り組み。十勝産食材を使用した8商品を販売。来勝者に十勝の食をアピールするとともに、地元の人が地域の魅力を再認識することを目的としている。23日まで。

フェアをPRする関係者

 フードバレーとかち推進協議会との連携企画。「おびひろ平原まつり」に合わせて開催し、十勝でしか体験できない特別感のある商品を打ち出している。使用する十勝産食材は加盟店へのアンケートを交えて選んだ。豊西牛やラワンぶき、長芋、小豆や牛乳など、十勝が誇る酪畜農産品を使用した8商品を展開。瀬野尾秀則帯広地区ディストリクトマネジャーは「十勝は食の宝庫で、魅力的な食材がそろってるからこそできる企画。ここまで限定感のある十勝フェアは初」とする。

 9日には帯広物産協会で試食会が行われた。「音更産ブロッコリーのペペロンチーノ風サラダ」(291円)を試食した同協議会の吉田誠事務局長は「ブロッコリーの香りと食感が良く、幅広い年代に親しんでもらえそう。茎も使用することでフードロスにもつながっている」と評価。帯広観光コンベンション協会の植松秀訓専務理事は「街角のいろいろな所にあるセブン-イレブンで十勝ならではの食体験ができることは、観光推進の一助になる」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス