北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広尾高生考案ツブグルメ タコ焼き風「サンタのつぶやき」【広尾】

 広尾高校の生徒が、地場産の灯台ツブやコンブ加工品を使用したタコ焼き風のご当地グルメ「サンタのつぶやき」を考案した。9月に札幌市内で開かれるイベントで販売する。最終案が採用された3年生の木本楓花さん(17)、田中蘭さん(17)は「広尾のおいしい海産物を発信したい」と張り切っている。

新フードメニュー「サンタのつぶやき」をPRする(左から)木本さん、田中さん

 町地域おこし協力隊の磯野巧さん、中村麻矢さんが取り組む特産品開発に、同校の「フードデザイン」を履修する生徒12人が協力。複数のアイデアのうち、小麦粉の生地にツブ貝と薬味を入れて球状に焼き上げる「ツブ焼き」を候補に絞った。

 6月から2~3人のグループに分かれて味付けなどを検討、木本さん、田中さんの提案を最終案として採用した。2人は家庭科の相馬良美教諭のアドバイスを受けて、自宅で何度も試作を重ねたという。

 地元漁業者が販売するコンブの粉末食品(星屑昆布)を生地に練り込み、芽室産山ワサビをすり下ろして雪のように載せた。コリコリとしたツブ貝の食感とコンブの風味を、しょうゆベースのたれで楽しめる。山ワサビの辛さが程よいアクセントになっている。商品名の「サンタのつぶやき」は、「ツブ焼き」と「呟(つぶや)き」をかけた駄じゃれ。雪に見立てた山ワサビと同様、サンタランドをイメージした。

 新メニューは9月1~3日、札幌市内のテレビ塔で催される「地域特産品フェア」でデビュー。町観光協会のブースで販売(値段は調整中)し、木本さん、田中さんも参加する。特注のオリジナルパッケージも用意した。2人は「ツブの食感と見た目のインパクトにこだわった。広尾のツブやコンブを多くの人に好きになってもらいたい」と話す。

 磯野さんは「イルミネーション点灯式などのイベントで提供したい。飲食店でもレシピを採用してもらえたらうれしい」と話している。

関連記事

室蘭民報

「究極のマルゲリータ」「手作りバウムクーヘン」販売開始 のぼりべつブラン..

 登別中央ショッピングセンターアーニス(中央町)の「のぼりべつブランドショップ」は2月28日、先ごろ新たに市推奨品に認定された「究極のマルゲリータ」(ASTRA合同会社)と「手作りバウムクーヘン...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス