北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日本ハムの業務用冷凍食品「帯広豚丼の具」 全国で旋風【帯広】

 食肉販売大手の日本ハム(大阪)が3月に発売した新商品「帯広豚丼の具」の業務用冷凍食品が、全国規模で注目を集めている。現在、食料品店や飲食業などが、豚丼の具を使用した商品を次々と展開。“丼”の枠にとどまらない斬新なものもあり、帯広と豚丼のさらなる認知度向上に期待が寄せられる。

 「帯広豚丼の具」は帯広物産協会(小倉豊会長)が開発に協力し、日本甜菜製糖芽室製糖所のグラニュー糖をたれに使用。パッケージにはフードバレーとかちのロゴがプリントされており、家庭向けと業務用の2種類がある。業務用は発売開始5カ月で15万3496食の売り上げ。日本ハムマーケティング業務用営業企画部の内田康之部長は「当初の予想を上回る売り上げ。企業の採用件数も増加傾向にある」とする。

全国のドン・キホーテで売られている「帯広豚丼」

 総合ディスカウントストアのドン・キホーテ西帯広店では、同商品を使用した「帯広豚丼」(438円)を総菜コーナーで5月25日から販売。月間約180食売り上げる好調さから、7月15日から全国の店舗で提供を始めた。同社は「総菜の中でも丼カテゴリーのニーズは高い。手頃で付加価値のある帯広豚丼のおいしさを楽しんでもらうため、全国販売に至った」と説明。8月31日までの予定で全国展開している。

「帯広豚丼風ピザ」をPRするスタッフ

 業務用は活用の幅が広く、甘辛いたれで味付けした肉をご飯以外のものと組み合わせて“豚丼風”商品をメニュー化する動きも。大手宅配ピザチェーンのドミノ・ピザジャパン(東京)では、3月13日から北海道地域限定商品として「帯広豚丼風ピザ」(Sサイズ、持ち帰り1625円)を道内32店舗で提供している。トマトベースのソースに帯広豚丼の具とアスパラを組み合わせ、「新しい豚丼に出合える、衝撃的なおいしさ」(同社)とする。開発には登録者数256万人のYouTuber「ばんばんざい ぎし」が携わり、人気インフルエンサーの影響力もあって話題に。同商品が入った「みんなの北海道クワトロ」も合わせて、これまで2万2000枚以上を売り上げている。

 同社の他、パン店や回転ずしチェーン店での採用が検討されるなど、帯広名物の「豚丼」が新形態となって発信されている。帯広物産協会の木戸善範事務局長は「帯広の名を全国の店でさまざまな形で発信してもらい、非常にありがたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

十勝毎日新聞

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

室蘭民報

いちご、豚肉「待ってました!」 まつり盛況2万人【豊浦】

 豊浦町特産のイチゴと豚肉をPRする第53回「とようらいちご豚肉まつり」が9日、町内浜町の天然豊浦温泉しおさい隣にある豊浦海浜公園で開かれた。町内外から昨年より2千人ほど多い約2万人(主催者発表...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス