北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「建設現場」ねぎらう塩レモンサワー 熱中症予防にも【帯広】

 建設現場の業務効率化や人材育成などを手がけるライズプラン(帯広市東6南12、武田祐樹社長)が、現場への差し入れ用ノンアルコール塩レモンサワー「現場お疲れ」を発売した。同社のホームページ「現場ラボ」で販売している。

「建築現場限定という特別感を楽しんでもらえたら」と話す武田社長

 武田社長は室蘭工業大を卒業後、川田工業(帯広)に入社。17年勤務し、2020年に独立。全国のゼネコン向けのオンライン新人教育事業や、建設現場のDX化の推進、コミュニティーサロン「現場ラボアカデミー」などを手がける。

 「現場お疲れ」は同サロンでの発案。建設現場には「うるさい」「ほこりが舞う」「ゲートに囲われて閉鎖的」などマイナスなイメージがあると課題を共有している中で、「せめて現場で楽しめる建設業界限定の差し入れがあれば盛り上がるのでは」と思い付いた。

 アルコール飲料は法律の規制などもあり断念。それでも、居酒屋のようなにぎやかさを演出でき、塩分補給にもなることから、ノンアルコール塩レモンサワーとした。武田社長は「これからの季節、熱中症対策にも。現場に『お疲れ』と差し入れて、仲間との会話を楽しんでほしい」と話す。

 販売は1ケース(24本、6897円)から。段ボールには「虎模様」と呼ばれる黄色と黒色の模様を配し、建設現場らしさにこだわった。「コアップガラナ」を作る小原(渡島管内七飯町)が製造。500ケース限定販売。

関連記事

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

十勝毎日新聞

町産の小麦&トマトでピザ ふるさと納税返礼品に商品化【本別】

 本別町のふるさと納税返礼品として、本別産の小麦やトマトなどを活用した冷凍ピザが、1日から取り扱われている。ふるさと納税運営サポートを手掛けるローカル(熊本市)が商品化した。商品名は「通のご当地P...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス