北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地元焼肉店「虎」に朝取り野菜直送 JA木野【音更】

 ルーキーファーム(帯広市、加藤祐功社長)が運営する焼き肉店「焼肉の虎 木野店」(音更町木野大通東10)は、JA木野(黒田浩光組合長)と提携し、地元産野菜を使用したメニューを提供している。卸売りがメインのJAが地元飲食店に直接販売する取り組みは珍しいとされ、鮮度の違いから客に好評だという。

地元産野菜を使用したメニューをPRする(左から)小原部長代理と青木センター長

 新鮮な音更産の野菜を地元消費者に届け、地産地消を推進するための取り組み。帯広物産協会(小倉豊会長)が会員企業である両者をつなぎ合わせた。

 野菜は同JAが管理運営するハウスで栽培した夏野菜などを、朝収穫して店舗に直送。ルーキーファーム焼肉の虎事業部の小原博規部長代理は「切った瞬間のみずみずしさが違う。食感、味ともに新鮮な野菜のおいしさが感じられる」と話す。

 同協会の木戸善範事務局長によると、地元産野菜を使用する飲食店は意外と少ない。今回の取り組みを通じて消費者の声を生産者にフィードバックすることで、商品の品質向上にもつながると期待する。

 JA木野特産物センターの青木健治センター長は「これまでは作った野菜がどこでどのように食べられているのか分からなかったが、地元の飲食店で使ってもらえると消費者の声が聞けて、生産意欲につながる」と話す。

 5月中旬から販売していた白菜の浅漬けや焼き野菜は「持ち帰りの販売はないか」と店頭で問い合わせがあるほど好評だった。6月30日からはキュウリを使用したメニューを販売。「KINO朝採りベジタブル」と名付け、「ピリ辛とりきゅう」「胡瓜の浅漬け」「胡瓜のナムル」(各308円)などを提供している。

 今後は同社が運営する市内のレストランや100円ショップなどでも野菜の販売を検討している。

関連記事

室蘭民報

「究極のマルゲリータ」「手作りバウムクーヘン」販売開始 のぼりべつブラン..

 登別中央ショッピングセンターアーニス(中央町)の「のぼりべつブランドショップ」は2月28日、先ごろ新たに市推奨品に認定された「究極のマルゲリータ」(ASTRA合同会社)と「手作りバウムクーヘン...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス