北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

独自サービス提供、初日からにぎわい 市内に2鮮魚店相次ぎオープン【室蘭】

 従来からある鮮魚店のイメージを払しょくし、魚離れを食い止めようと、新形態の鮮魚店2店舗が15日、室蘭市内に相次いでオープンした。両店舗ともイートインでのアルコール販売やカフェレストラン併設など、趣向を凝らした独自サービスを提供し、初日からにぎわいを見せている。

イートインコーナー設置 ヤマサン渡辺商店

イートインコーナーが好評のヤマサン渡辺商店=15日午前

 中島町のシャンシャン通りには、日の出町の旧公設地方卸売市場近くから移転したヤマサン渡辺商店(山本晃弘代表取締役)が、グランドオープンを迎えた。午前9時半の開店前から行列ができる繁盛ぶり。昼前にはイートインコーナーに設けた20席がほぼ満席となった。

 鮮魚コーナーにはエビ、ホタテ、カキなどが並び、特売のウナギが人気を集めた。イートインでは海鮮丼や本日の煮魚・刺身定食のほか、鮮魚コーナーの商品を店内で調理して提供した。魚介類に合うアルコールも用意し、来店客に喜ばれた。

 代表取締役の山本さんは「今までとは違う客層の方にも来ていただいている。今後もサービスを充実させていきたい」と手応えを感じていた。

 店舗を構えるシャンシャン共和国商店街の斉藤弘子大統領は「商店街全体にこれまでと違うにぎわいができる」と波及効果に期待していた。

カフェレストランを併設 アバカフェ

開店と同時に多くの来店客でにぎわうアバカフェ=15日午前

 蘭西地区では、タグボートが並ぶ港を望む海岸町の一角に、海産物販売店を併設したカフェレストラン「abba cafe(アバカフェ)」がグランドオープンした。

 同市の水産加工品製造販売・abba合同会社ひらつか漁業が運営。3日のプレオープン後、盛況が続く。レストランは1日60人近い利用客があるという。

 人気を集めているのが、日替わりの「あら汁」(税込み150円)。カニみそや鯛(たい)など毎朝仕入れた新鮮な海産物を使い、何杯でもお代わりできるのが特長。スタッフは「朝から煮込んでいるので、だしが利いていておいしい」とPR。15日からは、自信作という鯛茶漬け(同980円)をメニューに加えた。

 数量限定のホッキバターチャーハン(同620円)を三つ購入した事務職員の40代女性=港南町=は「友人がおいしいと絶賛していたので楽しみにしていた」と笑顔を見せた。

 代表の平塚和美さん(46)は「室蘭の海の恵みを多くの人に届けたい」と意欲を燃やしている。

関連記事

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

名寄新聞

フレッシュな味わい楽しんで・純米吟醸「名寄きたしずく」数量限定で販売【名..

 名寄産の酒米「きたしずく」を100%使用した純米吟醸「名寄きたしずく」の生酒(製造元・上川大雪酒造)が、11日から名寄市内限定(480本限定)で販売される。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義...

十勝毎日新聞

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動【帯広】

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

室蘭民報

4月25日は「室蘭カレーラーメンの日」 全国で初「記念日」登録認定【室蘭】

会発足から18年、一層の普及期待  室蘭カレーラーメンの会(小柳富資会長)は、会発足総会の4月25日を「室蘭カレーラーメンの日」として日本記念日協会(長野県)に記念日登録を申請し、認定された。カ...

室蘭民報

「龍が如く納豆」限定販売 内藤食品工業、人気ゲームとタイアップ【室蘭】

 納豆製造の内藤食品工業(室蘭市御前水町、内藤孝幸代表取締役)が、セガの人気ゲーム『龍が如く8』とタイアップした商品「おらが街納豆『龍が如く8』バージョン」を発売している。ゲームのパッケージデザ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス