北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

3代続く味いかが 総菜屋「マルソウしが」開店【室蘭】

マルソウしがをオープンし、祖父の味を引き継ぐ康生さん

「輪西を活性化したい」

 室蘭市輪西町の商業施設ぷらっと・てついちに総菜屋「マルソウしが」が5日、オープンした。運営するのは、同施設内の「ラーメン鉄平」店長の志賀康生さん(42)。康生さんの祖父・敬さんは「志賀商店」を開業し、父・敬二さんは「志賀綜合食料品店」元専務として、共に同地区の商業発展の基盤をつくった。康生さんは、祖父の天ぷらの味を再現し「祖父が商売人としての一歩を踏み出した輪西で、新しい商売の形でまちの活性化に貢献したい」と展望している。

 マルソウしがは、ラーメン鉄平の横で、昨年末に閉店したカフェの跡にオープン。「出来合いの冷凍食品ではなく、地場産食材を使ったおいしい総菜を提供したい」と開店を決めた。メニューはカレーや豚汁と、天ぷらやとんかつなど日替わりの総菜。テイクアウトはもちろん、店内で食事もできる。

志賀綜合食料品店の創業者、志賀敬さん(40歳ごろの写真)

 店名やコンセプトは自らの家系ルーツに由来する。康生さんの祖父・敬さんは、戦後1948年、26歳ごろに輪西町の闇市だった「鉄の街市場」内で志賀食品を創業した。

 地元産食材で天ぷらやコロッケ、魚のすり身などを手作りし販売。評判を呼び、50年代には総合スーパー「志賀食料品店」を同町と登別市鷲別町に2店舗構えるまでになった。

 鉄の街市場組合代表に就任するなど、81年に59歳の若さで逝去するまで、同地区で商業発展の中心的役割を担った。

 康生さんの父・敬二さん(67)は兄の辰哉さん(故人)と81年に後を継ぎ、専務として志賀綜合食料品店経営に尽力。店で揚げる天ぷらや総菜は、敬さんのレシピが元になった。11年の閉店まで、食品スーパー地場大手として市民に親しまれた。

 敬二さんも週に一度店に立ち、志賀綜合食料品店時代の天ぷらを再現し提供する。敬二さんは「創業者の魂を若い世代が引き継いでくれてうれしい」と目を細める。

 同店のもう一つのコンセプトは「地元みんなで作る」。週末と祝日はチャレンジショップと称して、店舗の一角を有料で貸し出し、店を持たない人が商品を対面で販売できる機会を提供する。

 マルソウしがの営業時間は午前10時~午後3時。定休日は土日・祝日。

関連記事

十勝毎日新聞

「無添加スイーツ」サツマイモ 市内の専門店「十芋」【帯広】

 「食欲の秋」が到来-。秋はさまざまな食材が旬を迎え、色鮮やかな紫色のサツマイモの新芋はホクホク食感が楽しめる。毎日食べるというほど“サツマイモ愛”にあふれ、昨年7月、帯広市西21南3に「さつまいも...

十勝毎日新聞

町産リンゴで地サイダー ワイナリーなど連携【芽室】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は、10月1日から13種類目となる「芽室ゴールデンアップル」の販売を始める。芽室町内でワインを醸造する「め...

室蘭民報

サケ豊漁祈願、チェプ祭に3千人【白老】

古式舞踊や伝統料理…  サケ豊漁と漁の安全を祈願し、海の恵みに感謝するアイヌ民族の催事「第33回しらおいチェプ祭」(実行委主催)が24日、白老町石山の汐音ひろばで開かれた。古式舞踊などが披露され...

十勝毎日新聞

長崎の食文化味わって 道の駅 にじいろ食堂がフェア【士幌】

 道の駅ピア21しほろ内のレストラン「にじいろ食堂」が、長崎県の魅力を伝える「長崎フェア」を開催する。23~26日の4日間。同食堂スタッフの小林勇太さん(32)は「十勝の人に長崎の食や文化を知っ...

十勝毎日新聞

氷室仕込み広がる提供店 羊、豚の新商品発売 東洋食肉【帯広】

 東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)は、「氷室仕込み」製法で付加価値を持たせた羊肉と豚肉の商品展開に力を入れている。帯広物産協会(小倉豊会長)が協力。十勝ならではの風土を生かし、地産地...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス