北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝銘菓 カクテルで再現 飲む「バターサンド」【札幌】

 京王プラザホテル札幌(札幌市中央区北5西7)は5月1日から、帯広発の銘菓を再現したオリジナルカクテルをホテル内のバー「クロスヴォールト」で販売する。具体的な菓子名は明かしておらず、同ホテルでは「このカクテルはあのお菓子だと答え合わせをしたり、実際のお菓子と比べたりしながら、飲むスイーツとして楽しんでいただきたい」と話している。8月末まで。

5月から期間限定で販売するカクテル(写真右から)「ドレスアップバターサンド」と「マーブルストロベリー」

地域の魅力発信

 同ホテルは地域の魅力を発信し地域活性化に貢献したいと、地元食材を使った料理や飲み物などを積極的に提供。その一環として今回、北海道を代表する菓子に着目した。営業戦略室企画広報担当の高橋あかねさんは「さまざまな制限があったコロナ禍がようやく収束を迎えつつある中で、日々の生活に今までにない新しい楽しみも提案できれば」と語る。

 カクテルは3人のバーテンダーが考案。バーテンダーの五十嵐啓二さんは「お菓子とカクテルでは食感が異なるため難しさもあったが、ネーミングやパッケージデザインなども参考にして物語性や見た目、演出を含めて複層的に再現した」と話す。

 メインカクテルは「ドレスアップバターサンド」。濃厚でまろやかなバターの味わいを残したフローズンタイプのカクテル。実際の菓子もそのまま使われており、「サクサク」「シャリシャリ」の二つの食感を一度に楽しめる。

月替わりの商品

 それ以外のカクテルは月替わりで販売。5月は「マーブルストロベリー」で、ホワイトチョコレートとヨーグルトのリキュールでイチゴのフローズンとの二層に仕立てた。マーブル模様がかわいらしく、写真映えする一杯。甘酸っぱさの中にミルキーなチョコレートの味が際立つ。

 6月以降は、カプチーノの風味を再現したフローズンカクテル、チョコレートと栗のカクテルなどが登場。どのカクテルもアルコール度数が10%以下と低アルコールなのも特徴で、「普段あまりお酒を飲まない方、お酒に強くないという方にもぜひ楽しんでいただきたい」(五十嵐さん)とする。

 帯広の銘菓を取り上げた理由について、高橋さんは「北海道土産の代表であり、地元の皆さんにも愛されているお菓子。その魅力をお酒という別の形で発信してより多くの方に知っていただきたかった」と説明。「誰もが知っている定番のお菓子に加え、道民として道外客にお薦めしたいお菓子を選んだ」という。

 ホテルのバーというと年配の男性客が多いイメージもあるが、「これまでホテルのバーに来たことがない新しいお客さまとの接点になれば。若い女性にも気軽に足を運んでいただきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス