北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

30分で“品切れ”に、手作りカレーやケーキ えがお食堂【室蘭】

カレーなどを受け取る親子連れ

 室蘭更生保護女性会(石倉祥子会長)が運営する地域食堂・えがお食堂が17日、常盤町の本教寺で開店。訪れた親子連れらに手作りカレーやケーキ、お菓子などをテイクアウトで提供し喜ばれた。

 同食堂は毎月第3土曜日にカレーやサラダ、お菓子などを提供。今年は、新型コロナウイルスの感染状況を見ながら、会食からテイクアウト方式に変更するなど工夫して中止せずに済んだという。

 この日は、前日に下準備し、午前8時から手作りしたカレーやリンゴ、中央町の菓子店「お菓子の富留屋」のケーキを100人分用意。スタッフから「メリークリスマス。どうぞ」と渡されると、訪れた人は「ありがとうございます」と受け取った。開始から30分ほどでなくなる大盛況ぶりだった。

 石倉会長は「早くから来ていただいたり、多方面から食材の寄贈があり、ありがたい」と感謝を述べ「来年は会食や交流を楽しむ場をより多く提供できたらうれしい」と話している。

 次回は来年1月21日に予定している。料金は子ども無料、大人は200円。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...