北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

学生絶賛「十勝牛ホル」 畜大生協食堂【帯広】

 帯広畜産大生協(帯広市稲田町西2線)の食堂では、十勝産牛のホルモン(もつ)を使用した限定メニューを提供しており、人気を集めている。もつは市内の佐々木畜産(佐々木章哲社長)が提供。佐々木社長は「十勝にもっと牛ホルモンを食べる文化が浸透してほしい」と話し、メニューに期待を寄せている。提供は19日まで。

期間限定の佐々木畜産とのコラボメニュー「もつ丼」を紹介する川上店長

 佐々木社長は6月、同大が地域との連携や交流の場として開催した「産学官金連携交流会mini~牛肉編~」で講師を務めた。「十勝は肉牛の一大産地であり、毎日のように何百頭分もの新鮮な牛ホルモンが取れる。十勝を牛ホルのまちにしたい」との思いを講演で話したという。

 このことがきっかけで「まずは学生においしさを知ってほしい」と限定メニューが実現。生協の食堂とコラボし、12日から提供を開始した。昼営業は「もつ丼」(560円)と「もつラーメン」(550円)、月・水・金曜の夜営業は「もつ鍋」(600円)を出している。

 限定メニューの売れ行きは上々で、14日にもつラーメンを友人と食べていた同大4年の横田優輝さん(22)は「もつの味が濃く、とてもおいしい」と絶賛。生協の川上勇気店長は「想定より人気で好評」とし、当初の予定を延長して19日夜まで提供することを決めた。

 営業時間は午前11時~午後1時半、午後6時~同7時。一般客も利用可能だが「午前11時45分~午後0時半までは混雑するため学生や職員を優先している。この時間帯を避けて来店していただければ」(川上店長)としている。

関連記事

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

十勝毎日新聞

きょう「豚丼(2・10)の日」 専門店でPR企画続々【帯広】

 2月10日は「豚丼の日」。豚丼を提供する帯広市内の飲食店では、当日限定で大盛りなどのサービスを行う店舗もあった。昼時には観光客や地元住民が、食欲を誘う炭火や甘いたれの匂いに誘われ、豚丼提供店の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス