北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自家栽培で焼き芋 いもやこうの出店 19日かってばで【足寄】

焼き芋を提供する河野代表

 石焼き芋を移動販売する「いもやこうの」(江別市、河野彩子代表)が19日に足寄町内のはたらくものづくり村かってば(南1ノ4)に出店し、自家栽培のサツマイモでつくった焼き芋を販売する。 2019年に江別市から足寄町へ移住し「お絵かき作家」として活動するわたなべ彩さんが主催。自身も「いもやこうの」の焼き芋の大ファンだったことから、十勝の人たちにも味わってほしいと企画した。

 江別市在住の河野代表(44)は24歳の頃、幼い頃から興味のあった焼き芋屋を始め、11年に同市内で自ら新規就農。無肥料栽培で主にベニアズマの品種を育てている。今回はベニアズマ以外にも、春日農園(江別市)から仕入れた安納(あんのう)芋とシルクスイートも提供する。

 当日は自家焙煎(ばいせん)コーヒーの店「珈琲座間屋」(座間ゆかり店主)も一緒に営業し、焼き芋に合う飲み物を用意する。

 リンゴのような酸味の「コスタリカ イエローカツアイ 中いり」のほか、町内の阿部養蜂場の蜂蜜を使用した自家製レモネードに牛乳をブレンドする「レモン牛乳」、コーヒーチェリーの果皮から作ったシロップを炭酸水で割る「カスカラソーダ」などを提供する予定。

 町内の高橋菓子店のパンと、陸別のゲゼレ工房のソーセージを使ったホットドッグなどの軽食も楽しめる。

 河野代表は「十勝は初めての出店。今年は小さい芋も多いがぜひ皮ごと食べて。冷めてもおいしい」と来場を呼び掛けている。

 営業は午前11時~午後5時。問い合わせは、わたなべさんへEメール(irodori44@gmail.com)で。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...