北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JA産白イチゴで高級果実酒 長崎の企業が開発【足寄】

 JAあしょろ(新津賀庸組合長)が生産している白イチゴ品種「天使のいちご」を使った高級果実酒が今月上旬に完成した。長崎県諫早市の農産物加工販売会社のマダーレッド(宮下朝清社長)が手掛けた。東京や札幌で開いた展示会の評価も上々で、料亭やホテル、ソムリエが高い関心を示したという。現在は同県内の販売のみだが、今後は産地の足寄など道内や、インターネット販売のほか、タイやシンガポールなど東南アジアへの輸出も視野に入れる。新津組合長は「マダーレッドと車の両輪のようにしっかりと連携して、生産量を確保していきたい」と話している。

県内限定販売 販路拡大へ

JAあしょろ産の白イチゴと完成した果実酒を手にする(左から)新津組合長と宮下専務

 商品名は「ホワイトストロベリーワイン 茜鶴」で、価格は720ミリリットル入り7万2000円(税別)。富裕層をターゲットにしている。

 昨年設立したマダーレッドが、通年で希少価値のある白イチゴを収穫できる事業者を探していたところ、今年5月に同JA産の「天使のいちご」を知った。6月から福岡県の会社に委託して、規格外の冷凍イチゴを使用した果実酒づくりに着手した。

 21日に同JAで記者会見した同社の宮下清次郎専務は「生で食べた際、甘さとほどよい酸味のバランスが絶妙だった」と話した。アルコール度数は7%で「さっぱりとして飽きない甘さ。女性にも飲みやすく、一人でも多くの人を幸せな気持ちにしたい」と力を込める。

 同社はこれまで農産物をタイに輸出した実績もあり、同JAの白イチゴは8月に同国へ輸出している。果実酒は長崎県内でしか購入できないが、今後は国内外で販売網を確立していく予定だ。

 同JAはイチゴブランド「スウィーティー・アマン」を展開しており、年間収穫量20トンのうち、「天使のいちご」は4トン。新津組合長は「8年前にハウスを利用したイチゴ生産に取り組み始めて、安定して収穫ができるようになってきた。今回で知名度の向上につながれば」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス