北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

規格外の牛肉をカレーに コスモスファーム【清水】

 十勝清水コスモスファーム(清水町、安藤智考社長)が、ベル食品(札幌市)とともに規格外の牛肉を使ったレトルトカレー「幸せカレー」を開発した。幸福駅にある「CAFE(カフェ)幸福村」(帯広市幸福町東1線、三浦なおみ社長)で販売しており、これまでに約100食が売れている。

「幸せカレー」をPRする安藤社長(左)と三浦社長

 「幸せカレー」は、安藤社長が規格外となった牛を活用するため開発を決めた商品。根底には「規格外の牛の命も社会に還元させたい」との社長の思いがある。病気やけがなどが理由で大きく育つことができない牛が規格外になりやすく、同社で規格外の牛が発生する確率は0.5%ほどという。

 「幸せカレー」はベル食品の遠軽工場で2200食を製造。牛2頭分の肉を使用し、通常のレトルトカレーの倍近い50グラムの牛肉を入れた。「1頭の命を最後まで使い切りたい」(安藤社長)と部位は分けず、全ての肉を丸ごと使用。ルーはコクとうま味を重視し、ねっとりと濃厚に仕上げ、辛さは多くの人に食べてもらうため中辛に設定する。

 価格は1000円(200グラム)。8月中旬から、幸福駅のCAFE幸福村と同駅の自動販売機のみで販売している。「ただ売るのではなく、牛の命へ思いをはせて食べてほしい」との考えから、他店やインターネットでの販売は行わず、趣旨に賛同した三浦社長に販売を託す。安藤社長は「牛はなりたくて規格外になっているわけではない。温かい気持ちで育て、牛の命を社会に還元したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス