北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

カリフォルニアレーズンでパン開発 満寿屋の岡田さんファイナリストに【帯広】

「麦音」の前でファイナリストのメダルを持つ岡田さん

 東京で開催された「第30回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」で、満寿屋商店(帯広)「麦音」副店長の岡田昌樹さん(44)が開発したパンが最終審査に進んだ。岡田さんは「3カ月かけて生地から開発し、食感も味も見た目も試作を繰り返して良いものにしてきた。食べた人を笑顔にしたい」と話している。

 コンテストは、製パンや製菓に向いているとされるカリフォルニア・レーズンの、業界向け情報発信などを行うカリフォルニア・レーズン協会が主催し、6月10日に開かれた。全国から約120人の応募があり、うち21人が最終審査に進んだ。最終審査の通過者はファイナリストと呼ばれ、岡田さんは主催者からメダルを授与された。

 岡田さんが開発したパンの名称は「シャインレザン100」。対粉(小麦粉に対する割合)100%のレーズン(粉とレーズンの比率が1対1)と、対粉115%の牛乳が特徴。レーズンは、通常のラム酒ではなく、ラズベリーのブランデーとオレンジのリキュールに漬けたものを使用しており、すっきりとした味わい。

 パンの上部にかけたチーズとの相性も良いという。レーズンを生かしながら、十勝の魅力をどれだけ盛り込むかが開発の基本姿勢だったといい、小麦、牛乳、チーズ、亜麻仁(あまに)など多くの食材を十勝産にこだわった。

 「シャインレザン100」は7月中の商品化を予定している。

関連記事

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス