北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井靖幸代表(52)は「今年で創業65年。当初からこだわって作っているタレが評価されたと思う。とてもうれしい」と喜んでいる。

味付ジンギスカンの「全国一」を喜ぶ白樺の(右から)酒井代表、妻の由恵さん、佐久間会長、妻の米子さん

 オーストラリアの畜産団体MLA(ミート・アンド・ライブストック・オーストラリア)の主催。オーストラリア大使館などが協力した。

 豪州産羊肉を使っている商品が対象。白樺など十勝管内4社を含む全国43社から応募があった。審査員6人が5月中旬、11時間かけて実食し、味やコストパフォーマンス、独自性などを審査。今月3日に東京の同大使館で表彰式が開かれ、酒井代表が初代王者のトロフィーを受け取った。

 白樺が営む人気店「ジンギスカン白樺」は帯広本店(帯広市清川町西2線)と富良野店(富良野市清水山)があり、発祥の帯広本店は1957年開店。しょうゆ仕立ての甘口ダレは初代の佐久間富美さん(故人)が開発した。ベースは変えず、青森産リンゴ(ふじ)や北見産タマネギ、果汁100%のオレンジジュースなどを配合し、代々受け継いでいる。

 2代目で同社会長の佐久間俊男さん(76)は「年配の方からお子さんまで、幅広い世代が食べやすい味を意識している」と話す。グランプリを取った商品はマトンのジンギスカンで、柔らかいロース肉と食感の良いモモ肉をブレンドしている。

 コロナ禍による来店者の激減などの逆風はあったが、「この春からようやく客足が戻ってきた」と3代目の酒井代表。「グランプリ受賞は、白樺をさらに多くの人に知ってもらう機会になる。ただ、あまり手は広げず、このままの規模でおいしいジンギスカンを提供できれば」と話している。

 受賞商品は帯広本店のほか、管内のスーパーなどで購入できる。同店は午前11時~午後2時。月曜定休(祝日時は翌火曜休み)。問い合わせは同店(0155・60・2058)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス