北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

鳥インフルエンザの疑い、死骸に注意【釧路】

春採公園入り口に設置された注意看板

釧路市の春採公園で3月31日に回収されたハシブトガラスの死骸から、高病原性鳥インフルエンザが確認されて以降、周辺で感染が疑われるカラスが相次いで見つかっている。14日には釧路総合振興局が警戒本部幹事会を開催し、養鶏場などで感染が発生した場合の対応手順を関係機関と確認するとともに、野鳥に餌を与えないよう注意喚起を要請した。 

 高病原性鳥インフルエンザが確認された事例は、釧路市内では記録が残る2014年以降なく、釧路管内では浜中町で17年2月にオオハクチョウで確認されて以来5年ぶり。道内での発生は昨年10月以降のシーズンで34例(13日現在)と過去最多で、そのうち根室管内が16例と最も多いが、札幌市でも発生するなど範囲が拡大している。釧路市では今月6日と12日にも複数のハシブトガラスの死骸を回収。簡易検査で陽性が確認されたため、環境省が遺伝子検査を行っている。

 今シーズンの特徴は、18年の兵庫県伊丹市以来発生していなかったカラスの陽性が大半を占めることだが、原因は不明。高病原性鳥インフルエンザは通常人に感染しないとされているが、道内ではキツネやタヌキの感染も確認されており、同振興局では野鳥が死んでいたり弱っているのを見つけたら素手で触らず、連絡するよう呼び掛けている。

 また、回収地点の半径3㌔以内に養鶏場はないが、釧路管内の100羽以上を飼養する農場6戸に対して、消毒の徹底や防鳥ネットの点検などを行うよう通知した。農場での異状は報告されていないが、この日の幹事会では発生した場合の対応手順を確認。殺処分や消毒は振興局の職員を中心に行うため、作業に当たる人員のリスト作製を開始した。

 なお、釧路市動物園では鳥インフルエンザ対策として、通用門での消毒徹底や鳥類を展示する一部施設の閉鎖、コーンバーの設置などを行っている。  野鳥の死骸を発見した場合の連絡先は釧路総合振興局環境生活課0154(43)9155、釧路市環境保全課0154(31)4594へ。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...