北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだか町の活性化を目指す【新ひだか】

【新ひだか】12日告示の町長選は、午後5時の届け出締め切りまでに現職の大野克之氏(63)=無所属=以外の届け出がなく、無投票2選が決まった。任期は23日から4年間。

 12日は「『和』と『輪』を持って進めるまちづくり。その先にある『環』に向かって」をスローガンとした8つの公約を町内を遊説しながら訴えた大野氏は午後5時半ごろ、静内吉野町の後援会事務所に戻り、駆け付けた支持者や管内6町長の各町長、各町議会議長ら約30人に拍手で迎えられた。

 後援会事務所では知江夫人(63)とともにダルマに両目を入れ、2選の喜びをかみしめ、2期目立候補にあたり後援会長やスタッフ、駆けつけた各町長、議長らに感謝しながら「2期目は、町の将来を担う子どもたちの教育、語学などに力を入れたい。そして、町と関わりを持つ関係人口を拡大していき、町の活性化につなげていきたい」と抱負を述べた。

 出席町長を代表して、日高町村会長の大西正紀えりも町長が「日高7町と胆振東部の町と連携しながら、日高を元気にしていきたい。新ひだか町は日高の中心になる。大野町長に町村会を引っ張っていってほしい」とあいさつ。

 町長選の当選証書付与式は、18日に役場静内庁舎議場で行われる。

 大野氏は旧静内町(現新ひだか町)出身。静内高校を卒業後、1978年(昭和53年)に北海道庁(日高支庁)に奉職。農業政策などに携わり、農政部農政課長、農政部競馬事業室長などを歴任。2018年(平成30年)に道庁を退職し、同年3月に町長選に出馬。町政運営の透明化や一次産業の強化などを訴え、8976票を獲得し現職の酒井芳秀氏を破り初当選した。

ダルマに目を入れる大野氏(左)

関連記事

函館新聞

「OMO5函館」7月6日開業 星野リゾート、若松町に【函館】

 総合リゾート運営の星野リゾート(長野県軽井沢町)は、函館市若松町に都市型観光ホテル「OMO(おも)5函館by星野リゾート」を7月6日に開業すると発表した。昨年8月末で営業を終了した同町の「ホテ...

函館新聞

IMALUのグルメ甲子園に七飯町3品出品 人気投票「参加して」【七飯】

 【七飯】全国17市町村の首長らがタレントのIMALUさんに自慢の特産品をプレゼンテーションする「IMALUのグルメ甲子園」に七飯町が町産のスイーツ3品を出品した。中でも日乃出食品(緑町3)の豆...

釧路新聞

花粉ゼロの釧路 長期滞在 市が「避粉」キャンペーン【釧路市】

 スギやヒノキの花粉がない利点を冬季の長期滞在者増加につなげようと、釧路市は「花粉ゼロくしろで避粉キャンペーン」に取り組んでいる。期間中は滞在者にノベルティを配布しており、事務局の市市民協働推進課...

釧路新聞

はしご車 最後の雄姿 阿寒湖温泉で引退イベント【釧路市】

 北海道の釧路市西消防署阿寒湖温泉支署で24日、32年に渡って地域の安全を守ってきたはしご車の引退イベントが行われた。全国的に見ても珍しい重機ベースのはしご車で、同支署によると「同種の車両としては...

苫小牧民報

ものづくりに夢中 「地域宝おこし」家族連れでにぎわう 苫小牧

苫小牧発明研究会(園田政廣会長)は24日、ものづくりイベント「発明&デザイン地域宝おこし」を苫小牧市民活動センターで開いた。前身の「引力おこし」時代を含めて30回目の節目で、会員の発明品やアイデア...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス