北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだか町の活性化を目指す【新ひだか】

【新ひだか】12日告示の町長選は、午後5時の届け出締め切りまでに現職の大野克之氏(63)=無所属=以外の届け出がなく、無投票2選が決まった。任期は23日から4年間。

 12日は「『和』と『輪』を持って進めるまちづくり。その先にある『環』に向かって」をスローガンとした8つの公約を町内を遊説しながら訴えた大野氏は午後5時半ごろ、静内吉野町の後援会事務所に戻り、駆け付けた支持者や管内6町長の各町長、各町議会議長ら約30人に拍手で迎えられた。

 後援会事務所では知江夫人(63)とともにダルマに両目を入れ、2選の喜びをかみしめ、2期目立候補にあたり後援会長やスタッフ、駆けつけた各町長、議長らに感謝しながら「2期目は、町の将来を担う子どもたちの教育、語学などに力を入れたい。そして、町と関わりを持つ関係人口を拡大していき、町の活性化につなげていきたい」と抱負を述べた。

 出席町長を代表して、日高町村会長の大西正紀えりも町長が「日高7町と胆振東部の町と連携しながら、日高を元気にしていきたい。新ひだか町は日高の中心になる。大野町長に町村会を引っ張っていってほしい」とあいさつ。

 町長選の当選証書付与式は、18日に役場静内庁舎議場で行われる。

 大野氏は旧静内町(現新ひだか町)出身。静内高校を卒業後、1978年(昭和53年)に北海道庁(日高支庁)に奉職。農業政策などに携わり、農政部農政課長、農政部競馬事業室長などを歴任。2018年(平成30年)に道庁を退職し、同年3月に町長選に出馬。町政運営の透明化や一次産業の強化などを訴え、8976票を獲得し現職の酒井芳秀氏を破り初当選した。

ダルマに目を入れる大野氏(左)

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...