北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

11人が看護師目指す【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)は12日、浦河町東町ちのみ1の浦河赤十字病院北館4階体育館で第33回入学式を挙行した。入学試験を突破した11人が看護師を目指して第一歩を踏み出した。

 同校は1990年(平成2年)に設立された日高管内唯一の看護師養成校。今年度も道内各地から11人が入学した。管内からは浦河高卒1人、静内高卒1人、えりも高卒1人のほか、社会人で新ひだか町内の病院で勤務していた1人。管外は函館、帯広、釧路などから7人で入学者数は計11人。少子化や新型コロナウイルス感染症などの影響もあるのか、33回を数える入学式で過去最少の入学者数となった。

 式では、入学者一人ひとりが名前を呼ばれて紹介されると、大柏学校長が「看護には長い歴史と伝統がある。看護を実践する基礎的能力を身に着けるよう赤十字病院が一丸となって協力していく」と述べたうえで、「看護の知識、技術を習得することは決して容易なことではない。壁にぶつかりくじけそうになることもある。今の気持ちを忘れず、初心にかえれば必ず乗り越えられる。豊かで実りある学校生活にしてほしい」と激励した。

 誓いの言葉で入学生代表の下斗米由貴さんは「私は異なる業種での勤務経験があり、その中で、あらゆる場面で看護に触れる機会があった。地域の皆さんと接している中で、看護に興味を抱き、看護師を目指したいと強い意志を持った。たくさんの支えがあり、今スタート地点に立つことができた」と看護の道を志した経緯を述べ、「赤十字看護師を目指すにあたり、人々の尊い命に携わるものとして、人々の心に寄り添い、やさしさの中にも強い信念と覚悟をもった看護師となれるよう精進してく」と決意を表した。

 この後、御歌「四方の国」を静聴し、入学生は新たな学校生活のスタートを切った。

看護師を目指すスタートを切った入学生

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...