北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ノーザンホースパークで余生 有馬記念馬ブラストワンピース

2018年に中央競馬のグランプリ有馬記念(G1)を制し、1月に現役を引退したばかりのブラストワンピース(7歳)が、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで余生を送っている。グランプリホースの晩節としては極めて異例だが、これからは練習用の乗馬になる。同パークは15日の夏期営業オープンに合わせ、一般公開を始める予定で、「馬が幸せに過ごしてくれたら」と話している。

スタッフに懐くブラストワンピース

 同馬は系列牧場ノーザンファーム(安平町)の生産。18年に牡馬クラシック戦線を沸かせ、暮れの大一番有馬記念を3歳で制覇した。19年に世界最高峰レースの一つ、フランスの凱旋門賞に挑戦するなど、ファンを魅了し続けてきた。

 今年1月20日付で競走馬登録を抹消されたが、種牡馬入りをせず、同パークで乗馬になることが決まった。一般客は乗ることはできず、スタッフの練習用に使うといい、すでに去勢手術も行った。

 同パークでブラストワンピースは、同じく中央競馬で活躍したカレンミロティック、フォゲッタブルなどと一緒の厩舎(きゅうしゃ)に入った。従業員は「引退したばかりのグランプリホースが来るなんて」と身構えていたが、乗馬運営課の田澤直沙美(まさみ)さん(26)は「風格はあるけど、おとなしい。スタッフの思いを酌み取ろうとしてくれる。そして人懐こい」と笑顔。「ブーちゃん」「ブラピ」とあだ名を付け、他の馬とまったく同じ扱いをしている。

 15日から一般公開する予定。厩舎に入れたまま見学してもらうが、同園で販売する餌を柵越しで与えることも可能という。田澤さんは「お客さんに対し、どんな反応をするか確認しながら、徐々に慣らして『お仕事』をしてもらうようにしたい」と期待。将来はサラブレッドガイドなど、より近くに見学できる機会を増やす考えで、「ファンも多く来てくれたら、ブラピもきっと喜んでくれる」と話している。

 午前9時~午後5時、入園料(大人800円、小学生400円)のみで見学できる。問い合わせは同パーク 電話0144(58)2116。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...