北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

キャンピングカーに熱視線 市内事業者も取扱増 コロナ禍で需要高まる

コロナ禍でも楽しめるアウトドアへの注目が集まる中、苫小牧市内で近年、キャンピングカーの販売やレンタルに力を入れる事業者が増えている。ワゴン車などを車中泊仕様に変えたいという需要も伸びており、ブームを生かしたビジネスチャンスに意気込みを見せる。

洗練されたデザインのキャンピングトレーラー=スタンドファクトリー

 自動車販売のカーライフサポート(錦岡)は、アウトドアブームを受けて2021年11月ごろから、寝泊まりできる設備「トラベルハウス」を荷台に載せた軽トラックを販売している。通常のキャンピングカーより低価格のため、人気を集める。電源や換気扇、窓も取り付けられ、利便性や快適性をより求める客のニーズにも対応。トラベルハウスの価格は輸送費などを含めて標準タイプで140万円台。車検を受ける際、荷台から取り外す必要があるが、同社の小笠原嵯人カーライフアドバイザーは「興味を持つ人は多い。気軽に来て車を見てほしい」とアピールする。

 コロナ禍で高まるキャンプブームを追い風に、スタンドファクトリー(糸井)も関係車両の販売に力を注ぐ。RV(レジャー用多目的車)などでけん引するキャンピングトレーラーを20年11月から取り扱い、売り上げを伸ばしている。価格は230万円台からで、鈴木正人社長は「キャンピングカーよりも安く買える商品。自分で手を加えて寝泊まりの快適性を高める人もいる」と話す。

 トムアンドジェリーキャンピングカー製作所(新明町)は、客が持ち込んだ車をキャンピングカーに造り替える事業を行っており、アウトドア人気を受けて需要が高まっているという。車に太陽光パネルや電源を設置し、キャンプのほか、「災害時の避難場所としても使いたいというニーズもある」と新田覚社長。

 製作料金は、軽車両で50万円台、ワンボックスカーで200万~300万円台。市内外から依頼があり、コロナ禍もあって需要が伸びている。新田社長は「予算に合わせて寝泊りできる車を製作することが可能」とPRする。

 レンタカー会社もビジネスチャンスと捉える。アールシーレンタカー(一本松町)は、3年前からキャンピングカーのレンタルを始めた。2段ベットや冷蔵庫、電子レンジなどを完備した車を用意している。料金はハイシーズン(ゴールデンウイークや夏季)で24時間3万5000円など。1泊2日で車を借りて利用する人が多い。運営会社アールアンドシー(埼玉県八潮市)の山下直樹所長代理は「家族で楽しむ連休の屋外レジャーとしてレンタルのニーズがある」と話した。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...