北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

コロナ禍の中 決意新たに【えりも】

 10日の「成人の日」を前に9日、日高管内7町で成人式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、振り袖や羽織はかまの晴れ着をまとった新成人は、一様にマスクを着用して式に臨み、旧友との再会を喜ぶとともに20歳の門出に決意を新たにした。冬に入り新型コロナ感染者数が全国的に増加し、全国、道内の自治体で中止や延期を決める市町村も多く、開催したところも式典の簡素化、式後の飲食を自粛した。管内7町の成人式出席者は455人で、来賓や保護者の出席を制限する会場もあった。

【えりも】町教委主催の成人式が9日、町福祉センターで行われ、真新しいスーツや羽織袴、振り袖姿の新成人29人がマスクを着けて出席し、仲間との久しぶりの再会を喜び合いながら大人になった自覚を新たにした。同町では昨年は中止して2年ぶりの開催となる。

 教育委員と新型コロナウイルス感染拡大予防を考慮して保護者は2人までに制限し、来賓は大西正紀町長と石川昭彦町議会議長のみにした。

 式では、新成人一人ひとりが紹介されたあと、国歌斉唱。川上松美町教育長は式辞で「多くの人と交流して視野を広め、自らの考えや職業観をもち、日々の生活を充実させて目標や夢に向かって進んでほしい。社会に関心を持ち、何かの役に立つ人になってほしい」と述べた。

 祝辞で大西町長は、井上靖・芥川賞作家のメッセージ「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」を引用しながら、仲間を大切にしながら若さでさまざまな可能性にチャレンジすることを期待。石川議長も、若い力と柔軟で清純な思想と行動力を期待した。

 記念品贈呈は、新成人一人ひとりがあらかじめ希望した「漢字一文字」を、日本習字えりも支部の在田ひとみ代表が色紙にしたため、裏面には氏名を記入して贈った。

 新成人代表で中村優花さんは「共に歩んだ仲間たち、育ててくれた両親と家族、指導してくれた先生方、暖かく見守ってくれた地域の人たちに感謝し、その恩に報いるため、成人として社会に羽ばたき、たくましく生きます」と決意を述べた。

好きな一文字を掲げて新成人を祝う=えりも町=

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス