北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老の魅力PR 歴史姉妹都市40周年・仙台でイベント 動画や特産品販売

白老町は8、9両日、歴史姉妹都市の仙台市で、白老をPRするイベントを開催した。戸田安彦町長をはじめ、白老民族芸能保存会や白老観光協会の関係者らが同市を訪問。アイヌ民族の伝統楽器ムックリの演奏や特産品の販売、PR動画の上映などを通じて白老観光やアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)の魅力をアピールした。

アイヌ民族の伝統楽器ムックリの演奏も披露した仙台市のイベント会場(提供)

 PRイベントは、両自治体の歴史姉妹都市締結40周年を記念し、昨年3月に続いて開催。JR仙台駅近くにある複合ビルAER(アエル)のアトリウム2階イベントスペースで開いた。

 会場には、ウポポイや白老観光のパンフレットなどを並べた情報発信コーナーを設置。虎杖浜たらこ、白老牛ハンバーグといった食の特産品や、アイヌ文様刺しゅうを施したハンカチ、トートバッグ、マスクなどの販売コーナーも設け、人気を呼んだ。

 また、町が制作したPR動画「アナザースカイ・白老」を上映。インクラの滝やポロト湖、倶多楽湖など白老の豊かな自然とウポポイの全景をドローン(小型無人飛行機)で撮影した映像を流し、来場者の関心を引いた。ステージでは白老民族芸能保存会の山本スナ子さんと山田弘美さんがムックリの演奏とウポポ(座り歌)を披露し、白老で受け継がれてきた伝統のアイヌ文化を発信した。

 イベントには戸田町長をはじめ、町役場職員や白老観光協会、白老民族芸能保存会の関係者ら計7人が参加し、運営に当たった。初日のあいさつで戸田町長は、先住民族アイヌの文化や歴史への理解促進を訴えたほか、歴史姉妹都市の仙台市との絆、交流を一層深めたい―と述べた。

 町は当初、2日間で1200人程度の来場を見込んでいたが、予想を上回る2000人が会場に足を運び、にぎわいを見せた。運営に携わった町アイヌ政策推進室の江草佳和さんは「多くの仙台市民にアイヌ文化やウポポイなど白老の魅力に理解を深めていただけたと思う。引き続き白老PRの活動に取り組んでいきたい」と話した。

 幕末の仙台藩が白老に北方警備の陣屋を築いた歴史を縁に、白老町と仙台市は1981年5月に歴史姉妹都市を締結。昨年5月に迎えた40周年の節目を記念して町は今年度、仙台藩白老元陣屋資料館での特別展「仙台藩ゆかりのDATEな工芸展~受け継がれた美意識と伝統の技」などを展開した。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス