北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を開く。活動の集大成と位置付け、ファンらに感謝を込めて歌を届けたい考えだ。

「地道な活動でまちを盛り上げたい」とかんばやしさん

 地域イベントに積極的に出演し、福祉施設、被災地などへの慰問も精力的に行ってきたかんばやしさん。水揚げ日本一のホッキ貝をPRする「ほっきのうた」、市のペットボトル詰め水道水「とまチョップ水」のイメージソング「すいすいすい とまチョップ水」といった多数のオリジナルご当地ソングを引っ提げ、苫小牧を拠点に地道な活動を続けてきた。

 函館市出身。17歳の時、ラジオで聴いたシンガー・ソングライターみのや雅彦さんのラブソング「偶然」に心を奪われ、「自分の思いを乗せた曲を歌いたい」とギターによる作曲を始めた。会社員として働きながら1994年、地元函館の音楽ホールで行われたコンテストへの出場が初舞台となった。

 21歳の時、転勤で苫小牧市民に。2006年に夏の甲子園で活躍した駒大苫小牧の田中将大投手(現在はプロ野球楽天所属)の応援歌「高速スライダー」を作詞作曲すると、新聞などで話題になった。そんな近況をSNSで知った英国に住む高校時代の友人の協力で14年にロンドンのパブでのライブが実現。徐々に仕事が増えだし18年から、音楽一本の生活に突入した。

 苫小牧市観光大使として、まちのPRにも奔走。宮沢賢治の来苫100年を記念した5月のイベントでは、賢治の詩「牛」の歌を披露した。

 ジャズピアニスト、演歌歌手、太鼓奏者などジャンルの異なるアーティストとの共演を重ね、実力をつけてきた。

 私生活の悩みもあって活動に身が入らず、10年ほど前には音楽をやめようと考えたこともあったというが「(自分の曲を)第二の人生の応援歌にしたいと言ってくれた人もいて、もう少し歌い続けようと決めた」と振り返る。紆余(うよ)曲折ある音楽人生だが「自分の歌を必要としてくれる人がいる限り歌い続けたい」と力を込める。

 30日は午後3時半開場。前売り券は3000円(当日は3500円)。市文化会館、アイビープラザ、さいとう楽器、サウンドフィールドで扱っている。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス