北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

新島襄の志に思いはせ 碑前祭 来年は同志社創立150周年【函館】

碑前に献花する八田総長・理事長

 函館から国禁を犯し脱国して渡米、帰国後に同志社大(京都)を創立した新島襄(1843~1890年)をしのぶセレモニー「碑前祭」が14日、函館市大町の「新島襄海外渡航の地」碑前であった。今年は脱国から160年の節目で、憂国の情を抱き海外に目を向けた新島の志に思いをはせた。

 学校法人同志社(八田英二総長・理事長)が主催し、函館市が後援。同志社校友会函館クラブ(藤島浩会長)の会員をはじめ、札幌や青森の卒業生ら約50人が参加した。

 讃美歌を歌った後、八田総長・理事長が「新島の波乱に富んだ生涯の原点は函館の地にあると言っても過言ではない。160年前にこの地から密出国を図った新島の激動の人生に思いをはせるとともに、同志社の今を託されているわれわれ一人一人が新島の熱い志を再確認し、継承し発展させ150年、200年の大計に向けこん身の努力を続ける決意だ」と式辞。

 市観光部の高井暁次長が「同志社の基礎となったのが函館で、深い縁を感じ、市民の誇りにもなっている。これからも同志社と函館の交流が続くことを願う」とあいさつした。八田総長・理事長と高井次長が碑前に献花し、カレッジソングを歌い、新島の功績をたたえた。

 新島が脱国した1864(元治元)年6月14日(新暦7月17日)を記念し、碑は1954年に建立。函館クラブを中心に碑前祭を続けてきたが、2010年から学校法人同志社が主催している。

 同志社校友会道支部長の草野賀文さん(64)=1984年法学部卒=は「たくさんの人に集まってもらえてうれしい。来年の創立150周年記念事業で、札幌でもイベントがあるので成功させたい」と話した。

 来年6月14日には、函館で碑前祭に加え、150周年の記念イベントが開かれる。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス