北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「国宝・天守」焼失から75年 松前城【松前】

桜花に包まれる松前城「復興天守」(4月)

 【松前】1949年に起きた松前城(福山城)の三層天守などを焼失した火災から5日で丸75年を迎える。跡地では60年に鉄筋コンクリート造の「復興天守」が再建され、61年から松前城資料館として活用。木造復元の構想は具体化に至っていないが、最北の城下町に欠かせないランドマークとして町民や観光客に親しまれている。

 焼失前の天守は幕末の1854(安政元)年に完成し、1941年に旧国宝保存法(50年廃止)で本丸御門(現存、重要文化財)などと「国宝」に指定された。49年の火災は6月5日午前1時10分ごろに町役場で起きた火災が同1時45分ごろに飛び火し、天守などを焼き尽くすまで明け方近くまで燃え続けた。

 当時の地元紙「函館新聞」(同6日付、本紙とは無関係)は「国宝松前城焼失す 天守閣三層楼に飛火 追手門残して全焼」との見出しで炎上する城の写真付きで報じた。別面の記事は「今はなし北海の古城 薄明にむせぶ松前町民」として「町民は、自分の家は焼いても松前のシンボルだけは助けようと口々に悲痛な叫びをあげ…」と伝え、町民の懸命な消火活動は本丸御門や旧本丸表御殿を活用していた移転前の松城小への類焼を防いだ。

 火災があった日は、戦時中に施した空襲対策などで損傷した建物を修復するために足場を組むことが予定されていた。出火元の役場も松前藩家老松前右京邸を1870(明治3)年に移築したもので、松前奉行所跡としての史跡指定が解除となった。

 復興天守は焼失の反省から鉄筋コンクリート造での再建が選択され、建築史家の大岡実氏(1900~87年)が手掛けた代表的な復元建築物の一つとなった。ただ現行の建築基準には合わないため、直ちに危険な状況ではないものの、震度5以上の地震で倒壊の恐れがあるとされている。石山英雄前町長が木造天守整備の方針を示した経過があるが、新型コロナ禍を挟んだこともあって具体化していない。

 木造復元には課題もあり、町教委の佐藤雄生学芸員は「木造復元する場合、細部に根拠が求められる」とし、外観は古写真や立面図を元に知ることができるが、基礎構造など判然としていない部分の整理が必要になるという。36億円とした概算事業費も近年の物価高騰を踏まえればさらに膨れ上がる可能性が高い。2021年度から松前城跡では石垣の測量調査を継続中で、石垣の保存整備を検討する基礎資料となる。

 「国宝・松前城」の火災と同じ49年の1月には奈良県で法隆寺金堂の壁画を焼く火災があった。戦後の文化財保護を考える重大なトピックとして語られ、大岡氏が不燃建築を推進する契機になったと言われる。復興天守は町村金五道知事(当時)を総裁に松前城再建期成会をつくり、多くの町民や松前出身者、道内各地の子どもたちからの善意が原動力となった。天守がたどった歴史自体も後世に語り継ぐべき側面が多い。

関連記事

釧路新聞

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス