北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

進学先選択の一助に 特色ある教育を紹介 日体大付属高等支援校 4会場で説明会

札幌、東京、名古屋をオンラインで結び、学校説明会を行った

 【網走】日体大付属高等支援学校(平野雅嗣校長)の学校説明会が11日、同校など全国4会場で行われ、入学を希望する中学生やその保護者らに、同校の特色ある教育内容や学習、生活環境などを紹介した。

 同校体育館を会場、札幌と東京、名古屋をオンラインで結んだほか、Zoomで参加した人もおり、合わせて126人が参加した。同校には同大の松浪健四郎理事長、石井隆憲学長も臨席した。

 平野校長のあいさつに続き、紹介動画を上映。同校の概要や卒業後の進路、寄宿舎生活、学費について、それぞれ担当教諭や事務方が説明した。

 このうち同校の概要について、特に体育の授業は一般的な高校が週2時間なのに対し、同校は週8時間なこと、高等支援学校で高体連に登録しているのは同校のみなことなどをアピール。同校自慢の施設でもある国内最大級の屋内走路「NARS」やトレーニング器具が充実した第2体育室も写真を使って紹介した。

 さらに、入学後の不安を取り除くため「生徒は陸上、卓球、水泳、剣道、柔道の部活動に所属してもらうが『入りたい部がない』『運動は苦手』という人は、さまざまな軽スポーツに親しむNトライというのもある」などと説明。中学生はもちろん、保護者もうなずきながら説明を聞いていた。  同校が取り組んでいるブドウやトウモロコシの栽培といった労作、寄宿舎での生活も写真などを使い、詳しく説明した。

 卒業後の進路では、日体大のあらゆるネットワークを駆使し、就職活動を全国展開していることなどを紹介した上で「卒業生の中には、東京から入学して道内で酪農をしている人、また外資系企業で活躍している人もいます」と、先輩たちの活躍にも触れた。

 学校説明の後、在校生のインタビュー動画が上映された。日々の授業や寄宿舎生活で生き生きとした笑顔を見せる在校生の姿に、参加した中学生は見入っていた。

 同校はこの後、来年度の入学生を対象にした進路相談を11月まで行うほか、6月から8月にかけては道内5カ所と東京で個別相談会を開催。特別支援教育に携わる小中学校の教諭を対象にした学校説明会、またオープンスクールなど、さまざまな機会を設け、進学先を選択する一助としてもらう。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス