北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ヒグマの検知を自動化へ

はこだて未来大生のグループ開発

 公立はこだて未来大(鈴木恵二学長)の学生グループが、IоTデバイス(Wi―Fiやブルートゥースの無線技術を使いインターネットに接続する対象)とAI(人工知能)技術を利用し検知を自動化する「ヒグマ侵入検出器」を開発した。監視するカメラがヒグマを検知すると、システムを通じメールを通知する仕組み。今後は実用化に向けソフト、ハード両面を高めるとともに、実践的な運用について検討を進める。

 学生グループは昨年10月、学内公募型の研究プロジェクトとして始動。「敷地内へのヒグマ侵入を人工知能を使ったカメラ機器で検出、通知する機器の開発」をテーマに、開発予算30万円の中で、先進的技術を活用した実践的な課題に取り組み、試行錯誤を重ねた。メンバーは大学院博士1年の佐藤紘基さん(26)、修士2年の池山安杜里さん(24)、青柳心吾さん(23)、修士1年の赤松克真さん(22)ら9人。

 開発システムは、入手しやすいESP32タイマーカメラXを、ヒグマ検知用のカメラデバイスとして利用。誰でも容易に、また、安価に準備できることを目指した。カメラを複数配置し、10分間隔に撮影した画像をクラウドシステムへネットワーク経由でアップロードし、画像を分析したクラウドシステムがヒグマの有無を判断する仕組み。ヒグマを検出した際は、メールの通知が届き、出現場所や時期を問わず綿密に監視することが期待できる。

 成果発表では、大学教員や市職員から「ヒグマがいない空振りのコスト面や消費電力の問題」「ヒグマ以外の動物も対応できるか」などの質問が出て、学生は「電力さえあれば多くのことが可能」と答えた。

 リーダーの佐藤さんは「まずはプロトタイプ(原型)が無事に完成した。カメラの性能や通信にまだ課題があるため改良し、実用化に向け取り組みたい」と話し、鈴木学長は「学生がテーマから教員の指導なしでも、ここまでの開発ができる能力を実証。実際に製作することで、具体的な課題が見える」と期待を込めている。

ヒグマ侵入検出器を開発した未来大生

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス