北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館が舞台「名探偵コナン100万ドルの五稜星」公開始まる 関連イベントも盛り上がる【函館】

五稜郭タワーで特設キャラクターパネルと記念撮影する来場者

 人気アニメ「名探偵コナン」の映画最新作で函館が舞台となる「100万ドルの五稜星(みちしるべ)」の上映が12日、全国で始まった。函館では公開を待ちわびた多くのファンが映画館に足を運んだほか、公開を記念したフォトスポットパネル設置やラッピング市電の運行などコラボレーションイベントを展開、まち全体がコナン一色で盛り上がっている。

 ○…作中のロケ地を散策し楽しむイベント「函館まち巡りスタンプラリー&フォトスポット」は、JR函館駅、函館朝市、金森赤レンガ倉庫、旧函館区公会堂、函館山展望台(函館山ロープウェイ)、五稜郭、五稜郭タワー、丸井今井函館店、花びしホテル、函館空港の全10カ所に設置。場所ごとに異なるデザインのスタンプを集め、スタンプ5個は景品引き換え場所でオリジナルグッズ、7個で江戸川コナン役の高山みなみさんサイン入りポスターのほか、賞品が当たるチャンスに応募する抽選券を獲得できる。フォトスポットは、少し離れた場所に設営している施設もあり、探すのも楽しみの一つ。第1弾は6月30日まで。第2弾は7月1日~9月30日。

 ○…映画の重要人物の土方歳三像がある五稜郭タワーは、イベントの企画以外にも人気キャラクター「怪盗キッドの予告状」を巨大展示物として設けた。コナン君と怪盗キッド、メインビジュアルの特設フォトパネル、スタンプなどを目当てに多くのファンでにぎわった。

 館内は、市内外の来場者と外国人観光客が記念撮影を楽しんだ。自分が持っているお気に入りの関連グッズを片手に、写真を撮ろうと悪戦苦闘する熱心なファンも。大泉潤市長も盛り上がりを一目見ようと訪れた。函館市赤川町の会社員冨樫智子さん(36)は「有給休暇を取り、映画公開初日を楽しみにしていた。大好きな作品で地元が舞台になり、感無量」と声を弾ませた。

 ○…丸井今井函館店は、期間限定の催事販売「名探偵コナンプラザ」を始めた。オリジナル商品やキャラクターパネルが豊富にそろう。購入特典で限定プレゼントも。5月6日まで。

 営業統括部の山田睦さんは「利用客に喜んでもらうため、館内で流す音楽を一時的にコナン映画のサウンドトラックに変え営業している。新商品の入荷予定も多数あるので、一度だけでなく何度も訪れてほしい」と話す。

 七飯町鳴川1の会社員福津菜摘さん(32)は「映画を見る前に商品を買って、気持ちを高めたい。購入を家族にも頼まれ、Tシャツやポーチなど約1万7000円購入する」と笑顔。シネマ太陽函館(松風町)は14回上演し、いずれも満席の盛況ぶりだった。

 ○…函館市電のラッピング電車の初便は、午前10時55分駒場車庫前発の函館どっく前行きとして1往復運行し、午後も運行した。

 駒場車庫前には、ラッピング電車1編成の運行開始を待ちわびたファンが集まり、乗車券販売所で記念デザインの1日乗車券を購入する姿が多くみられたほか、沿線で撮影する市電ファンの姿もあった。

 市企業局交通部によると、運行時刻は非公表で、日によって運行時刻が違い、整備などの都合で運行しない日があるという。函館バスのラッピングバス3台も同日、運行を始めた。

 同部は「謎解きミステリーの作品。ラッピング電車もミステリー感を維持するため、運行時刻は教えられない」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス