北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

僧侶カフェで心軽くして 宮大工企画、宗派超え25日【帯広】

会場のカフェで来場を呼び掛ける僧侶ら。前列左から2人目が織田住職、後列中央が菅原さん

 十勝管内の宮大工と僧侶によるイベント「僧侶カフェ」が25日、帯広市西1南9のカフェバー・チルで開かれる。僧侶との対話を通して心が軽くなるような穏やかな時間を過ごしてもらい、仏教や寺院、僧侶を身近に感じてもらうことが目的。2016年に始めたがコロナ禍で中断しており、4年ぶりに再開する。

 16年に始めたきっかけは、市内の宮大工の菅原雅重さん(48)が、座禅会などの取り組みをしていた十勝山永祥寺の織田秀道住職(44)に声を掛けたことから。有志の輪が広がり曹洞宗や真言宗、浄土宗、浄土真宗の僧侶が集まり、コロナ禍前は計16回開いた。

 同様の取り組みは全国で行われているが、宗派の垣根を越えて集まる会は珍しいという。参加者の悩みなどに耳を傾けることは、僧侶にとっても研さんの場になり、各地にある寺院や僧侶の存在を身近に感じてもらう機会にもなる。当日は30~40代の僧侶8人ほどが迎える。

 新型コロナの流行は社会生活に大きな影響をもたらし、住民は不安や変化に直面した。コロナ禍を経ての再開に、織田さんは「家族や友人などには言えず、第三者だからこそ言えることもあると思う。癒やしや安寧に寄与する空間にしていきたい。気軽にコーヒーを飲みに来てもらえれば」と話している。

 参加費1000円(1ドリンク込み)。2部制で、午後5時からの1部は予約不要、同7時からの2部は予約制。問い合わせ・申し込みはイベントホームページから。

関連記事

室蘭民報

音楽と温泉のコラボ満喫 カルルス文化祭「ジャズと民謡」【登別】

 カルルス温泉文化祭「ジャズと民謡」(同実行委員会主催)が19日、登別市カルルス町のカルルス温泉鈴木旅館で開かれた。昼と夜の部で計100人が参加し、多彩な音楽と温泉のコラボレーションを楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

室蘭民報

5年ぶりにミニで復活、登別こいのぼりマラソン 川上公園、3キロコースに2..

 市民マラソンから子どものためのマラソンへと装いを新たにした「登別こいのぼりミニマラソン」(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、桜木町の川上公園運動広場で5年ぶりに行われた。約250人の...

室蘭民報

心も躍る、白鳥台桜まつり 室蘭22.1度、登別23.4度【室蘭】

 西胆振は19日、南からの暖かい空気の影響で7月上旬~下旬並みの陽気となった。室蘭市白鳥台の白鳥台北公園で開かれた第22回白鳥台桜まつりでは、ダンスパフォーマンスやジャズ演奏を楽しみながら、サク...

室蘭民報

初夏の洞爺湖快走 5000人超、ゴール目指す【洞爺湖・壮瞥】

 第50回記念ANA洞爺湖マラソン2024(室蘭地方陸上競技協会、洞爺湖町、壮瞥町など主催)が19日、洞爺湖周辺で行われた。フルマラソン、10キロ、5キロの3種目に昨年より939人多い計5397...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス